コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドナドーニ ドナドーニDonadoni, Eugenio

2件 の用語解説(ドナドーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドナドーニ
ドナドーニ
Donadoni, Eugenio

[生]1870.11.16. アドラーラサンマルティーノ
[没]1924.6.15. ミラノ
イタリアの詩人,批評家。早くから詩を書き,バイロン風の詩集『カイン』 Caino (1897) ,象徴詩集『生き残り』I superstiti (1909) などを発表。またメッシナ大学 (15~20) やピサ大学 (22~24) でイタリア文学を講じ,デ・サンクティス以後最大の批評家ともいわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドナドーニ
どなどーに
Eugenio Donadoni
(1870―1924)

イタリアの文学者。ベルガモ近郊に生まれる。ロマン主義の精神を継承しながら、実証主義的研究を加味して、古今にわたる広範な文学批評を行った。そのダンテ論やマンゾーニ論、レオパルディ論は後世に重要な示唆を与えているが、それにもまして優れた彼の業績としては、個々の作家について詳細な評釈を試みた三冊の大著、『フォスコロ』(1910)、『フォガッツァーロ』(1913)、『タッソ』(1920)であろう。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドナドーニの関連キーワード製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)グロ長谷川宗右衛門ベッテルハイム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドナドーニの関連情報