ドムスアウレア(英語表記)Domus Aurea

デジタル大辞泉の解説

ドムス‐アウレア(Domus Aurea)

イタリアの首都ローマにある古代ローマ時代の宮殿の遺跡。ラテン語で「黄金宮殿」を意味する。紀元64年から68年にかけてローマ皇帝ネロにより建造。広大な敷地に、機械仕掛けでドーム型天井が回転する建物や、人工の川や池がある庭園などが造られた。ネロの死後、2世紀初頭の火災により焼失し、後の皇帝により埋められたり公共用地に転用されたりした。15世紀に地中に埋もれた宮殿の一部が発見され、残された壁画や彫刻はルネサンス期の芸術家に大きな影響を与えたとことで知られる。ネロ帝の黄金宮殿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android