コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドムスアウレア ドムスアウレア Domus Aurea

1件 の用語解説(ドムスアウレアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドムス‐アウレア(Domus Aurea)

イタリアの首都ローマにある古代ローマ時代の宮殿の遺跡。ラテン語で「黄金宮殿」を意味する。紀元64年から68年にかけてローマ皇帝ネロにより建造。広大な敷地に、機械仕掛けでドーム型天井が回転する建物や、人工の川や池がある庭園などが造られた。ネロの死後、2世紀初頭の火災により焼失し、後の皇帝により埋められたり公共用地に転用されたりした。15世紀に地中に埋もれた宮殿の一部が発見され、残された壁画や彫刻はルネサンス期の芸術家に大きな影響を与えたとことで知られる。ネロ帝の黄金宮殿

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドムスアウレアの関連キーワードカラカラ浴場カンピドリオの丘コンスタンティヌスの凱旋門サンタマリアデッリアンジェリ教会チルコマッシモパラティーノの丘ビラ・アドリアーナマッシモ宮殿マルチェッロ劇場ローマの七丘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone