コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラッカー どらっかー Peter Ferdinand Drucker

7件 の用語解説(ドラッカーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ドラッカー

ピーター・ドラッカー」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker)

[1909~2005]オーストリア生まれの経済学者・経営思想家ドイツフランクフルト大学を卒業後、ロンドン金融機関証券アナリストなどを経て、1937年に米国へ移住。1939年に処女作「経済人の終わり」を発表し、当時の英首相チャーチルに激賞された。その後も、「現代の経営」「断絶の時代」「マネジメント」「見えざる革命」などの著書を通じて社会の将来像を示し、「企業の社会的責任」「知識労働者」「民営化」などの新しい概念を次々と打ち出しビジネス界や経営者に大きな影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドラッカー

オーストリア出身,米国の経営学者。経済史,法制史の研究から現代社会制度としての企業に関心をもつ。ナチスに追われて渡英,ロンドンで保険会社,銀行のエコノミストとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ドラッカー

《DRAKKAR》フランスファッションブランド、ギ・ラロッシュのフレグランス。1972年発表。男性用。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドラッカー【Peter Ferdinand Drucker】

1909~2005) アメリカの経営学者。オーストリア生まれ。産業文明論を包含した経営管理論を展開。著「断絶の時代」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラッカー
ドラッカー
Drucker, Peter Ferdinand

[生]1909.11.19. オーストリア,ウィーン
[没]2005.11.11. カリフォルニアクレアモント
アメリカの経営学者,経営コンサルタント。 1931年フランクフルト大学で法学博士号を取得したが,1933年アドルフヒトラーが政権を獲得したのでロンドンに移住,経営評論家となった。 1937年イギリスの新聞社の在米通信員としてアメリカに渡り (1943帰化) ,学者兼経営コンサルタントとして活躍,1942年ベニントン大学の哲学,政治学教授,1950~71年ニューヨーク大学教授,1971~2005年クレアモント大学大学院教授を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラッカー
どらっかー
Peter Ferdinand Drucker
(1909―2005)

アメリカの経営学者。オーストリア生まれ。ハンブルク大学およびフランクフルト大学に学んだが、ナチスへの不信から渡英、保険会社の顧問などを務めたのち、さらに新天地を求めて1937年渡米。『経済人の終り』(1939)、『産業にたずさわる人の未来』(1942)、『会社という概念』(1946)の著作によって有名になり、『現代の経営』(1954)において不動の地位を築いた。経営コンサルタントとして活躍する一方、42年ベニントン大学教授、50年ニューヨーク大学教授、71年クレアモント大学教授となった(~2003)。彼は、現代を大量生産原理に立脚した高度産業社会としてとらえ、そのなかで社会的制度としての企業の本質を理解し、それに即した経営管理のあり方を展開した。企業は営利心と無関係に存在し、損失回避と生産高増大を二大指導原理とする存在であるとの制度派的企業観は、アメリカでは数少ない体系性と歴史性をもった経営理論である。日本へも大きな影響を及ぼした。[森本三男]
『『ドラッカー全集』全5巻(1972・ダイヤモンド社) ▽ドラッカー著、上田惇生・佐々木実智男訳『イノベーションと企業家精神』(1985・ダイヤモンド社) ▽ドラッカー著、現代経営研究会訳『現代の経営』新装版・上下(1987・ダイヤモンド社) ▽ドラッカー著、上田惇生他訳『ポスト資本主義社会』(1993・ダイヤモンド社) ▽ドラッカー著、上田惇生訳『断絶の時代』新版(1999・ダイヤモンド社) ▽ドラッカー著、牧野洋訳『ドラッカー 20世紀を生きて――私の履歴書』(2005・日本経済新聞社) ▽河野大機著『ドラッカー経営論の体系化』上下(1994、95・三嶺書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドラッカーの関連キーワードオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国トリオースオーストリーオーストリア放送交響楽団ゴースト・カントリー日本オーストリア文学会オーストリアワインオーストリアン・スムース・ブラッケオーストリア美術

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドラッカーの関連情報