ドラマツルギー

大辞林 第三版の解説

ドラマツルギー【Dramaturgie】

演劇・戯曲に関する理論。特に、創作のための方法論。演劇論。作劇法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラマツルギー
どらまつるぎー
dramaturgy

ギリシア語の「脚本上演」を意味するドラマトゥルギアdramaturgiaに由来し、普通「作劇法」「上演法」と訳されるが、さらに戯曲論、演劇論の意味で使われることもある。その流れは二つに大別できる。一つは論理的な筋の展開を重んじ、知的、構築的、求心的であるのに比して、他方は音楽性や視覚性を採用して、感覚的、絵画的、遠心的である。どちらも作品としての統一性や全体性を意識し、リズムを考えるが、前者は戯曲そのものに示される知的内容の緊張と解放のリズムに、後者は演者が加わって始動する上演のリズムに重きを置く傾向がある。どちらかといえば、西洋の演劇は前者の、東洋の演劇は後者の傾向が強いといえよう。[高師昭南]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ドラマツルギー

〘名〙 (Dramaturgie)
① 戯曲創作方法論。作劇法。
※古川ロッパ日記‐昭和九年(1934)一二月一日「作者がドラマツルギを知らないから、てんで役どこてものが分ってない」
② 演劇論。演出論。
※再び劇を論じて世の評家に答ふ(1889)〈森鴎外〉「未だ一巻の『ドラマツルギイ』を読まず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドラマツルギーの関連情報