コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルフィン ドルフィンdolphin

翻訳|dolphin

デジタル大辞泉の解説

ドルフィン(dolphin)

海豚(いるか)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ドルフィン

アントニオ・ストラディバリ製作によるバイオリン。1714年製。日本音楽財団が保有している。名称は、裏板のニスの光沢が美しく優美なイルカを思わせることから、19世紀にこの楽器を所有していたジョージハートが名づけたもの。日本人バイオリニスト諏訪内晶子が使用していることでも知られる。アラード(1715年製)、メサイア(1716年製)とあわせ、三大ストラディバリウスと称されることもある。

ドルフィン

2000年に台風委員会により制定された台風の国際名のひとつ。台風番号、第74号。香港による命名。「白イルカ」を意味する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ドルフィン【dolphin】

イルカ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルフィン
どるふぃん
dolphin

船舶の係留施設の一つで、石油・穀類などの大型ばら荷専用船を対象にして広く採用されている。一般に陸岸から離れて海中に孤立し、船の長さの1/2~1/3間隔で築造されるのでこの名称があり、船舶を係索する綱取ドルフィン、船舶を接舷させる接岸ドルフィンなどがある。前者を2~4基、後者を2基、これに専用の効率的な荷役桟橋を設置すると、大型ばら荷専用船の係留バースができあがる。構造としては鋼管杭(くい)、鉄筋コンクリートケーソン、井筒、鋼矢板セルなどを用いたものがある。[堀口孝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のドルフィンの言及

【桟橋】より

…桟橋にはこのように脚柱の構造から,上記のほかに円筒または角筒式,橋脚式桟橋に分類される。なお,脚柱の上に係留施設のみを備えたものはドルフィンdolphinと称し,桟橋とは区別する。また脚柱をもたず,ポンツーンpontoonという箱形の浮体を,係留鎖もしくは杭やドルフィンで位置を安定させたものは浮桟橋pontoon bridgeと呼ばれる。…

※「ドルフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドルフィンの関連情報