海豚(読み)イルカ

デジタル大辞泉の解説

いるか【海豚】

クジラ目の哺乳類のうち、小形のハクジラ類の総称。体長1~5メートル、体形は紡錘状、口の先がくちばし状で、背びれのあるものが多い。マイルカカマイルカバンドウイルカなど大部分が洋性であるが、カワイルカなど淡水にすむものもある。多くは群れをなして泳ぎ、魚類を主食とする。知能が高い。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いるか【海豚】

クジラ目の小型ハクジラ類の総称。一般に、体長4メートル 以下の種類をさし、それ以上のものはクジラと呼ぶ。上下の顎あごに多数の歯をもち、多くは口の先がくちばしのようにとがり、イカ類や魚類を捕食する。世界中の海に広く分布し、淡水にすむ種類もある。マイルカ・スジイルカ・ハンドウイルカ・カマイルカなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海豚 (イルカ)

動物。マイルカ類の小形種,カワイルカ類の呼称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海豚の関連情報