コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルフィー Dolphy, Eric

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルフィー
Dolphy, Eric

[生]1928.6.20. ロサンゼルス
[没]1964.6.29. ベルリン
アメリカのアルトサックスバスクラリネットフルート奏者。 R.ポーター楽団,G.ウィルソンらのバンドを経て,1958~59年 C.ハミルトン・クインテットに参加,60年に初のリーダー作『アウトワード・バウンド』の録音を行う。 61年 O.コールマンに影響を受けてフリー・ジャズへと向い,B.リトル,M.ウォルドロンらとクインテットを結成。また,同年より 62年まで J.コルトレーン・クインテットにも参加してヨーロッパ公演に同行し,64年 C.ミンガスと再び渡欧した際にはそのままとどまって演奏活動を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドルフィー

米国のジャズ演奏家で,バス・クラリネット,アルト・サックス,フルートなどの複数楽器をこなした。1960年代に新しいジャズのスタイルを求めて活躍したジャズ・ミュージシャンの一人。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドルフィー【Eric Allan Dolphy】

1928‐64
アメリカの黒人ジャズ・サックス奏者。ロサンゼルスに生まれ,9歳でクラリネットを始めた。1960年にチャールズ・ミンガスのグループに属し,またその後オーネット・コールマンと出会って,二人から強い影響をうけた。エリック・ドルフィーはアルト・サックス,ベース・クラリネット,フルートといった楽器をもちかえつつオーネット・コールマンに続いて現れたフリー・ジャズ期の代表的プレーヤーである。根っからの前衛派ではなく,チャーリー・パーカーを出発点として,エモーションを自由に吐露できるフリー派へと突き進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルフィー
どるふぃー
Eric Allan Dolphy
(1928―1964)

アメリカのジャズ・アルトサックス、バスクラリネット、フルートの奏者。ロサンゼルスに生まれ、ドイツのベルリンで死亡した。小学生だった1937年からクラリネットを学び、やがて数種の楽器も習得した。40年代後半にいくつかの楽団に参加し、50年から2年間は陸軍のバンドで演奏した。その後ジェラルド・ウィルソン楽団、バディ・コレット楽団を経て58年にチコ・ハミルトン五重奏団の一員となって、広く注目された。60年3月にチャールズ・ミンガスのグループに加入した。このころオーネット・コールマンと知り合い、彼のアルバム『フリー・ジャズ』で共演した。61年に自身のグループでニューヨークの「ファイブ・スポット」に出演し、その実況録音アルバムは歴史的名盤となった。彼は主流モダン・ジャズからフリー・ジャズまで幅広く活躍し、異色のサウンドとフレージングで知られ、いまもって名声を得ている。[青木 啓]
『ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン著、間章訳『エリック・ドルフィー』(1983・晶文社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドルフィーの関連キーワードエリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイヴ・スポットヤング(La Monte Young)ウイルフレッド ミドルブルックスザ・ソプラノズ 哀愁のマフィアジョージ・B. デュビビエボビー ブラッドフォードターミナル・ベロシティチャック イスラエルアウト・トゥ・ランチフランソワ テュスクジャッキー・コーガンエリック ドルフィージョー チェンバースフレディ ハバードチャールス ロイドマル ウォルドロンテッド カーソンブッカー リトルブルースの真実ハン ベニンク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドルフィーの関連情報