コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルフィー ドルフィー Dolphy, Eric

4件 の用語解説(ドルフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルフィー
ドルフィー
Dolphy, Eric

[生]1928.6.20. ロサンゼルス
[没]1964.6.29. ベルリン
アメリカアルトサックス,バスクラリネットフルート奏者。 R.ポーター楽団,G.ウィルソンらのバンドを経て,1958~59年 C.ハミルトンクインテットに参加,60年に初のリーダー作『アウトワード・バウンド』の録音を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ドルフィー

米国のジャズ演奏家で,バス・クラリネット,アルト・サックス,フルートなどの複数の楽器をこなした。1960年代に新しいジャズのスタイルを求めて活躍したジャズ・ミュージシャンの一人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ドルフィー【Eric Allan Dolphy】

1928‐64
アメリカの黒人ジャズ・サックス奏者。ロサンゼルスに生まれ,9歳でクラリネットを始めた。1960年にチャールズミンガスグループに属し,またその後オーネット・コールマンと出会って,二人から強い影響をうけた。エリックドルフィーはアルト・サックス,ベース・クラリネット,フルートといった楽器をもちかえつつオーネット・コールマンに続いて現れたフリー・ジャズ期の代表的プレーヤーである。根っからの前衛派ではなく,チャーリーパーカーを出発点として,エモーションを自由に吐露できるフリー派へと突き進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルフィー
どるふぃー
Eric Allan Dolphy
(1928―1964)

アメリカのジャズ・アルトサックス、バスクラリネット、フルートの奏者。ロサンゼルスに生まれ、ドイツのベルリンで死亡した。小学生だった1937年からクラリネットを学び、やがて数種の楽器も習得した。40年代後半にいくつかの楽団に参加し、50年から2年間は陸軍のバンドで演奏した。その後ジェラルド・ウィルソン楽団、バディ・コレット楽団を経て58年にチコ・ハミルトン五重奏団の一員となって、広く注目された。60年3月にチャールズ・ミンガスのグループに加入した。このころオーネット・コールマンと知り合い、彼のアルバムフリー・ジャズ』で共演した。61年に自身のグループでニューヨークの「ファイブスポット」に出演し、その実況録音アルバムは歴史的名盤となった。彼は主流モダン・ジャズからフリー・ジャズまで幅広く活躍し、異色のサウンドフレージングで知られ、いまもって名声を得ている。[青木 啓]
『ウラジミール・シモスコ、バリー・テッパーマン著、間章訳『エリック・ドルフィー』(1983・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルフィーの関連キーワードクリスチャンコルトレーンパーカーミンガスシカゴジャズアメリカの空サキソフォン・コロッサス至上の愛ジャズ来るべきものフリー・ジャズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドルフィーの関連情報