コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドレ Dolet, Étienne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドレ
Dolet, Étienne

[生]1509.8.3. オルレアン
[没]1546.8.3. パリ
フランスのユマニスト,詩人,出版者。早くから古典に親しみ,各地を遍歴し勉学。リヨン滞在中,印刷出版業を営み,新約聖書の仏訳などを刊行したが,激しい性格と無神論的思想のために逮捕,投獄,逃亡を繰返した。涜聖,禁断書の出版のかどで火刑に処せられた。主著『ラテン語考』 Commentarii Linguae Latinae (1536~38) 。

ドレ
Doré, (Paul-) Gustave

[生]1832.1.6. ストラスブール
[没]1883.1.23. パリ
フランスの版画家,挿絵画家。 11歳のときから石版画に専心。 1847年パリに出て,48~51年パリの風刺紙『ジュルナル・プール・リール』に毎週挿絵を掲載。 54年 F.ラブレーの『ガルガンチュアとパンタグリュエル』の木版挿絵で名声を博し,以来すぐれた素描家としてバルザックの『滑稽譚』 (1855) ,ダンテの『地獄』 (61) ,『ドン・キホーテ』 (63) および聖書 (66) など 90冊以上の本の挿絵を制作。晩年,70年代の初め頃からおもに油絵と彫刻を手がけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ドレ

フランスの画家,版画家。ストラスブール生れ。戯画や挿絵で有名。当時の社会相を活写した素描や,《神曲》(〈地獄篇〉1861年),《ドン・キホーテ》(1862年)をはじめとする幻想性豊かな挿絵を多数残している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドレ【Gustave Doré】

1832‐83
フランスの挿絵画家,版画家。ストラスブールに生まれ,1847年にパリに出,フィリポンC.Philiponの《笑い時報》に協力。54年以降,膨大な量の書物の挿絵を描き,国際的な名声を得る。彼の精緻な木口木版は専門彫版師の手になり,滑稽味を混じえた幻想性にあふれ(ラブレーパンタグリュエル》(1854),バルザック《風流滑稽譚》(1855)),ときにはロマン主義的な情念のドラマを壮大な背景の中に現出させている(ダンテ《神曲》(1861),セルバンテス《ドン・キホーテ》(1863))。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドレ
どれ
Gustave Dor
(1832―1883)

フランスの画家、挿絵画家。ストラスブール生まれ。早くから素描の才を示し、石版画を手がける。パリの高校在学中の15歳のとき、出版者フィリッポンの依頼を受けて『ジュルナール・プール・リール』紙に挿絵を掲載するようになり、1854年にはラブレーの挿絵、翌年にはバルザックの『風流滑稽譚(こっけいたん)』の挿絵で名をあげた。その後もラ・フォンテーヌ、『ドン・キホーテ』、聖書などさまざまな書物の挿絵を制作する一方、クリミア戦争やロンドンのスラム街での取材による挿絵など、なかばルポルタージュ的なものも描いている。挿絵画家としての彼の名声はきわめて高かったが、パリでは彼の油彩はさほどの評価を受けなかった。しかし、ロンドンでは早くから評価され、「ドレ・ギャラリー」の設立は1867年である。ゴッホの名作『囚人たちの運動』は、彼の『ロンドン巡礼』の一葉によっている。パリに没。[中山公男]
『山室静著『ドレ画 聖書物語』(1979・社会思想社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドレの言及

【絵本】より

…スイスには20世紀初めのクライドルフErnst Kreidolf(1863‐1956)などをはじめとして清純な画風の人々が多く,ポスターで活躍するかたわらアルプスの山村を舞台にした生活感あふれた絵本を描くカリジェAlois Carigiet,軽妙洒脱な線描のフィッシャーHans E.Fischer,重厚な写実でグリム童話を絵本化するホフマンFelix Hoffmannなど,いずれも美しく気品のある最高に芸術的な絵本をおくりだしている。
[フランス]
 フランスでは,ブッシュにも影響をあたえたロドルフ・テプフェル(1799‐1846)を先導として,達者なカリカチュアを描いたG.ドレがあり,ド・モンベルBoutet de Monvel(1850‐1913)が《ジャンヌ・ダルク》(1896)その他の絵本を描くにいたって,ついにフランスの絵本が世界を支配した。ついで手描きの型紙で彩色したアンドレ・エレやエディ・ルグランが,1930年代に入り《ペール・カストールの画帖》にフョードル・ロジャンコフスキーF.S.Rojankovsky,ナタリー・パランが石版画により新鮮な写実的画風で成功を収める。…

※「ドレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドレの関連キーワードラ・フォンテーヌ(Jean de La Fontaine)ジョルジャ ブロンツィーニインデックスアドレス指定プライベートIPアドレスセグメントアドレス空間インターネットアドレスグローバルIPアドレス牧神の午後への前奏曲ソース・ビネグレットステファニー ライスローカルIPアドレスパオロ ベッティーニ相対アドレス指定方式サラダドレッシングビネグレットソース電子メールアドレスグローバルアドレスeメールアドレスアドレス参照命令間接アドレス方式

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドレの関連情報