コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンズー運動 ドンズーうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

ドンズーうんどう【ドンズー運動】

20世紀初め,ベトナム人青少年を日本に遊学させようという運動。漢字では〈東遊運動〉と書く。ベトナムは19世紀後半以降,フランスの植民地と化したが,抗仏闘争は続けられた。日露戦争契機としてアジア各地の民族運動が高揚したが,ベトナムでは祖国回復の新党維新会ができ,日本政府に武器援助を求めて,1905年に同党ファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)らが来日。横浜に亡命中のリャン・チー・チャウ(梁啓超)を通して犬養毅らと接触したが,武器援助は不可能とわかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドンズー運動の関連キーワードファンボイチャウ記念館ファン・ボイ・チャウファンボイチャウ光復会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドンズー運動の関連情報