コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンズー運動 ドンズーうんどう

1件 の用語解説(ドンズー運動の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドンズーうんどう【ドンズー運動】

20世紀初め,ベトナム人青少年を日本に遊学させようという運動。漢字では〈東遊運動〉と書く。ベトナムは19世紀後半以降,フランスの植民地と化したが,抗仏闘争は続けられた。日露戦争を契機としてアジア各地の民族運動が高揚したが,ベトナムでは祖国回復の新党維新会ができ,日本政府に武器援助を求めて,1905年に同党のファン・ボイ・チャウ(潘佩珠)らが来日。横浜に亡命中のリャン・チー・チャウ(梁啓超)を通して犬養毅らと接触したが,武器援助は不可能とわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドンズー運動の関連キーワードベトコンベトナム語インドシナ難民安南青少年ファンボイチャウ越僑青少年赤十字チャンパー日本ベトナム間賠償借款協定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone