コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ラバル ドラバル

3件 の用語解説(ド・ラバルの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ド・ラバル

スウェーデンの機械技術者。ウプサラ大学卒。自分が発明した遠心クリーム分離機の駆動のために蒸気タービンを研究,単式衝動タービンを発明し,1883年特許を得た。以後も羽根材料,軸受などの問題を解決,蒸気タービン実用への道を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ラバル
ド・ラバル

ラバル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・ラバル
どらばる
Carl Gustaf Patrik de Laval
(1845―1913)

スウェーデンの機械技術者。ストックホルム工科大学、ウプサラ大学に学び、1878年牛乳用の高速クリーム遠心分離機を発明、続いて真空搾乳機(1913)など各種酪農用機械を発明した。彼の最大の業績は蒸気タービンの発明である。前述の高速クリーム分離機に必要な高速度の出せる原動機の入手が動機で研究に着手し、1883年に単列衝動タービンを開発、分離機の駆動に使用、その後も改良を加え、蒸気のどのような圧力差をも運動エネルギーに変換できる膨張式ノズルを発明、1889年にイギリスの特許を得た。そのほか高速回転のための球軸受、等抵抗羽根車の計算など蒸気タービン発達の道を開いた。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ド・ラバルの関連キーワードウプサラウプサラ大学スウェーデンリレーセルシウスウプサラ城ウプサラ大聖堂ガムラウプサラスウェーデン門チェルマンスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone