コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドースト・ムハンマド ドースト・ムハンマドDūst Muḥammad, Amīr

2件 の用語解説(ドースト・ムハンマドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドースト・ムハンマド
ドースト・ムハンマド
Dūst Muḥammad, Amīr

[生]1793
[没]1863
アフガニスタンバーラクザーイー朝の創始者 (在位 1826~63) 。 1818年カシミールから進攻してペシャワルカブールを落し,ドゥラーニー朝の領地であるヘラートを除いて,すべての領土を奪い,26年の国土分割でガズニー,カブール,ジャラーラーバードを領有して王朝を建て,王位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ドースト・ムハンマド

アフガニスタンのバーラクザイ朝の創始者。ドゥッラニー朝の宰相の家柄に生まれ,1818年同朝滅亡後,8年間の無政府状態を収拾して,1826年王位についた。1838年ロシアの援助を受けイランとの戦争には勝利したが,1839年イギリス・アフガニスタン戦争中に英国に屈服。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のドースト・ムハンマドの言及

【アフガニスタン】より

…しかし王としての彼の権威は,個人的能力と,ドゥッラーニー諸族長の勢力の均衡に頼るものであった。19世紀に入ってドゥッラーニー内部の勢力争いの結果,バーラクザイBārakzaiがサドーザイに代わって統治権を得,1826年,ドースト・ムハンマドDōst Muḥammad(1793‐1863)が王となった。以後のアフガニスタンの王位は,彼の家系が継承することになり,彼の名をとってムハンマドザイ(またはバーラクザイ朝)と呼ばれる。…

【バーラクザイ朝】より

…1826‐1973年。アフガニスタンの建国者アフマド・シャー・ドゥッラーニーの出たサドーザイとは別の家系であり,ここからドースト・ムハンマドDōst Muḥammad(在位1826‐39,43‐63)が出て,サドーザイと抗争ののち,1826年,アフガニスタンの支配権を掌握した。彼の後,ムハンマド・アフザル,アブドゥル・ラフマーン,ハビーブッラー,アマーヌッラーAmānullāh(在位1919‐29)と王位が父子相伝され,アフガニスタンの国家形成に貢献した。…

※「ドースト・ムハンマド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドースト・ムハンマドの関連キーワード中島名左衛門上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱金子重右衛門住吉弘貫新渡戸伝デカブリスト桂川甫周国会議事堂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone