ナイル[川](読み)ナイル

百科事典マイペディアの解説

ナイル[川]【ナイル】

アフリカ大陸北東部の大河。全長5760kmで世界第3位とされるが,ビクトリア湖に注ぐカゲラ川を含めると6695kmで世界最長。流域面積約335万km2。ウガンダのビクトリア湖からアルバート湖を経てスーダンに入り白ナイルとして北流。エチオピア高原で発した青ナイルとハルツームで合流する。さらにアトバラ川をあわせて砂漠を横切り,カイロ北方約20kmでロゼッタ,ディムセートの2支流に分流,河口に大デルタを形成して地中海に注ぐ。ハルツームからアスワンまでの間に六つの急流があるが,ダム,急流の間をつなぎウガンダまで遡航(そこう)可能。流域は古代エジプト文明およびヌビア文明発祥の地で,ナイル川の定期的洪水による自然灌漑(かんがい)で農耕文化が栄えた。現在はアスワン・ダム,アスワン・ハイ・ダムをはじめ多くのダムが建設され,エジプト,スーダンなどで大規模な開発計画が進んでいる。ナイルの水源は古くから二つの湖であるとされたが,18世紀にいたって青ナイル,19世紀に白ナイルの水源が確証された。
→関連項目アスワン・ダムアフリカエジプトエジプト(地域)スーダンビクトリア[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナイル[川]【Nile River】

アフリカ大陸北東部,ウガンダとエチオピアの湖や山地から発して,スーダン,エジプトを貫流して地中海に注ぐ全長約6700kmの大河。アラビア語ではニールal‐Nīlと呼ばれる。 ウガンダのビクトリア湖から流れ出た直後,ビクトリア・ナイルと呼ばれる流れはスーダン南部の大沼沢地を抜け,いくつかの流れを集めて白ナイルal‐Nīl al‐Abyaḍとなる。エチオピアのタナ湖から発する青ナイルal‐Nīl al‐Azraqはスーダンの首都ハルツームで白ナイルと合流してナイル本流となって北に向かう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナイル[川]の言及

【アフリカ探検】より

…前7世紀の第26王朝ネコ2世はフェニキア人を雇ってアフリカ周航をさせた,と前5世紀のヘロドトスは記している。内陸部への進出はナイル川をさかのぼって行われた。古代エジプト王国が達した南限はハルツームに近い第6急流地帯である。…

【エジプト】より

…アフリカ大陸の北東隅,ナイル川第1急湍(たん)以北の約1200kmにわたる細長い流域地帯が本来のエジプトで,地形上幅8~25kmの河谷地帯(上エジプト)と河口のデルタ地帯(下エジプト)とからなる。古くよりガルビーヤ砂漠中のオアシス(シワSiwa,バフリーヤal‐Baḥrīya,ファラーフィラal‐Farāfira,ダーヒラal‐Dākhila,ハーリジャ(カルガ)al‐Khārija,Khargaの各オアシス),第1・第2急湍間の下ヌビア,紅海沿岸,シナイ半島を勢力圏とし,この地域は現在のエジプト・アラブ共和国にほぼ対応する。…

【灌漑】より

…天水農業はシリア,ジャジーラ,アナトリアに広くみられる粗放な農耕法であるが,これらの地方でも果樹園の経営や夏作物(綿,サトウキビ,野菜など)の栽培は小河川や井戸水を用いて行われた。一方,灌漑農業はティグリス・ユーフラテス川やナイル川の流域でとくに発達した集約農法であり,冬作物(小麦,大麦,豆類,アマなど)を中心とする農業生産力は播種量の数十倍に達した。またイランでは,蒸発を防ぐために地下の暗渠(カナート,カレーズ)によって水を導く乾燥地域に特有な引水法が考案され,テヘラン周辺やイスファハーンなどの高原地帯では現在でもこの方法が用いられている。…

【スーダン】より

…正式名称=スーダン民主共和国al‐Jumhūrīya al‐Sūdānīya al‐Dimqurātīya∥Democratic Republic of the Sudan面積=250万3890km2人口(1996)=3106万人首都=ハルトゥームal‐Khartūm(日本との時差=-7時間)主要言語=アラビア語,ディンカ語,ヌエル語ほか通貨=スーダン・ポンドSudanese Poundアフリカ北東部,ナイル川の上・中流域に広がる共和国。北東は紅海にのぞみ,北はエジプト,西はリビア,チャド,中央アフリカ共和国,南はコンゴ民主共和国,ウガンダ,ケニア,東はエチオピアに接するアフリカ最大の国である。…

【治水】より

…78年にもガンガー平原一帯が大洪水に見舞われ,大きな被害があった。【応地 利明】
【西アジア,エジプト】
 治水事業は,ティグリス川ユーフラテス川ナイル川に集中して行われてきた。メソポタミアに中央集権的な国家を建設したバビロン第1王朝のハンムラピ王は,ユーフラテス川とティグリス川を結ぶ大運河を幾本も開削し,それらを無数の小運河で結ぶことによって,毎年5月に起こる洪水を統御するとともに,両河の水を灌漑水として有効に利用する体系をつくりあげた。…

【ルウェンゾリ山地】より

…頂部は最高峰のスタンリー山群を中心に,北東のスピーク,ゲシ,エミン,南東のベーカー,ルイジなど氷食地形のみられる6山群で構成される。古代エジプトでナイル川の水源と考えられていた〈月の山〉とは,この山地を指していたと推定されるが,ヨーロッパ人による実見は,1889年のスタンリーが最初といわれる。彼の名をとった山群の主峰は,マルゲリータ峰(5109m)とアレクサンドラ峰(5091m)の双頭である。…

※「ナイル[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android