コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガサキ・シッピング・リスト・アンド・アドバタイザー The Nagasaki Shipping List and Advertiser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガサキ・シッピング・リスト・アンド・アドバタイザー
The Nagasaki Shipping List and Advertiser

日本最初の英字新聞文久1 (1861) 年5月 15日 (6月 22日付) イギリス人の A.ハンサードが長崎で創刊。週2回刊。ハンサードはニュージーランドで新聞発行の経験があり,同年に来日。この新聞は長崎に寄港する船舶の予定が記されており,外人居留民に読まれたが,8月 27日 (10月1日付) 28号で廃刊され,ハンサードは横浜に移って,文久3年 10月 21日 (11月 23日付) 『ジャパン・ヘラルド』 The Japan Heraldを創刊した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガサキ・シッピング・リスト・アンド・アドバタイザー
ながさきしっぴんぐりすとあんどあどばたいざー
The Nagasaki Shipping List and Advertiser

1861年(文久1)6月22日付けで長崎で創刊されたわが国最初の英字新聞。発行者はイギリス人ハンサードA. W. Hansardで、水・土曜の週2回刊。内容は長崎居留地内のできごとのほか、海外の新聞記事を転載、世界のニュースを伝えている。だがハンサードは、将来の貿易の中心地は新興横浜であると見通し、同紙を10月1日付けの第28号で終刊、同年11月23日付けから横浜で『ジャパン・ヘラルド』The Japan Herald(週刊、土曜発行)を発行した。ハンサードはまもなく帰国したが、この新聞は明治時代を通じて長く存続、第一次世界大戦が始まった1914年(大正3)、敵国ドイツ寄りを理由に9月14日政府から発行を禁止された。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナガサキ・シッピング・リスト・アンド・アドバタイザーの関連キーワード居留地新聞ブラック