ナコン・シータマラート(読み)なこんしーたまらーと(英語表記)Nakhon Sithammarat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナコン・シータマラート
なこんしーたまらーと
Nakhon Sithammarat

南部タイの中心都市。同名県の県都。外国にはリゴールLigorとよばれた。人口11万8764(2000)。マレー半島東岸に位置し、タイランド湾に面する。古くからインド洋とタイランド湾および中部タイとマレー半島とを結ぶ交通の要地として、軍事的にも商業的にも繁栄した。由緒ある寺院や旧跡が多い。米、ヤシ、ゴム、錫(すず)を産出し漁業も盛ん。[友杉 孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android