コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナゴラン(名護蘭) ナゴランAerides japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナゴラン(名護蘭)
ナゴラン
Aerides japonicum

ラン科の常緑多年草。紀伊半島四国,九州など暖地樹上や岩上に着生する。茎は短く斜上し,下部に多数の太くて長い気根を出す。長楕円形で厚い葉は1株に3~5枚が密に互生する。6~8月に,6~15cmの花茎を垂らし,4~10個の花を総状につける。花は径 1.5~2cmで,淡緑を帯びた白色唇弁や側萼片に淡紅色の斑紋がある。沖縄の名護岳に生えることからこの名がつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナゴラン(名護蘭)の関連キーワードラン科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android