コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナゴラン

3件 の用語解説(ナゴランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナゴラン

ラン科の常緑多年草。本州中部〜沖縄,朝鮮半島の暖地の樹上や岩上にはえる。葉は3〜5枚が短い茎に2列につき,狭長楕円形で厚くて硬い。夏,腋生の下垂した花茎に数花をつける。
→関連項目エリデスラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナゴラン【Sedirea japonica (Linden.et Reichb.f.) Garay et Sweet】

ラン科の常緑の着生ランで,伊豆諸島以西の西日本,琉球の常緑樹の幹に着生する(イラスト)。和名は沖縄本島の名護にちなむ。茎は短く,肥厚はしない。2列生の葉が3~5枚あり,狭長楕円形で,長さ8~15cm,5~8月,葉腋(ようえき)から長さ5~12cmの花茎を出し,数花をつける。花はやや大きく径約3cm,淡黄白色で,側萼片に褐色の横縞,唇弁に紅紫色の斑紋がある。唇弁は3裂し,側裂片は小さく,中央裂片はへら形で,前方に突き出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナゴラン
なごらん / 名護蘭
[学]Sedirea japonica (Lindenb. et Reichb. f.) Garay et Sweet

ラン科の常緑多年草。茎は短く、葉は2列互生に並んで3~6枚を密につけ、長さ8~15センチメートル。5~8月、葉腋(ようえき)から長さ5~12センチメートルの花茎を出し、径約3センチメートルの淡黄白色花を3~10個開く。側萼片(がくへん)に褐色の横縞(よこじま)、唇弁に紅紫色の斑紋(はんもん)がある。唇弁は3裂し、側裂片は小さく、中央裂片はへら形で前方に突き出る。前方に湾曲した太い距(きょ)がある。樹上や岩上に着生し、伊豆諸島以西の西日本、沖縄に分布する。名は、沖縄の名護(なご)で採集されたことによる。[井上 健]

栽培

ヘゴ材につけるか、鉢底に木炭を入れて通気をよくし、ミズゴケで鉢植えとする。温度の高い所でよく育ち、夏は半日陰で、冬は凍らない程度に管理する。[猪股正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナゴランの関連キーワード伊豆諸島駿河蘭名護蘭風蘭棒蘭榧蘭栗葉蘭獅子蘭袴葛瓔珞蘭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナゴランの関連情報