ナゴルノ・カラバフ戦争(読み)なごるのからばふせんそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナゴルノ・カラバフ自治州の帰属をめぐるアルメニア対アゼルバイジャンの抗争。ナゴルノ・カラバフ紛争、アゼルバイジャン紛争ともいう。アゼルバイジャンの内部に位置し、住民の8割がアルメニア系であるナゴルノ・カラバフ自治州のアルメニア人は、以前から、アルメニアへの帰属替えを要求していたが、1988年2月、アゼルバイジャンのスムガイトで、アルメニア人による帰属替え要求に反発するアゼルバイジャン人群集がアルメニア人を襲撃する事件が起こり、これをきっかけに二国間紛争に発展した。1991年9月、ナゴルノ・カラバフ自治州人民代議員会議は「ナゴルノ・カラバフ・アルメニア共和国」創設を宣言したが、これを認めないアゼルバイジャンは同自治州を廃止して直接統治を企てた。これに対してナゴルノ・カラバフは12月に住民投票を行い、1992年1月独立を宣言した。

 その結果、アゼルバイジャンとアルメニアの紛争はさらに先鋭化して局地戦争の様相を呈し始めた。アゼルバイジャン紛争の特徴は、イスラム教徒のアゼルバイジャン人とキリスト教徒のアルメニア人の対立、すなわち民族と宗教の複合対立であり、これにキリスト教国のロシアがアルメニアを、イスラム教国のイラン、同民族のトルコがアゼルバイジャンを陰で支援することで問題はいっそう複雑化した。劣勢だったアゼルバイジャンで1993年10月ヘイダル・アリエフHeydar Aliyev(1923―2003)が大統領に就任し、親ロシア路線に転じたため、ロシアがアルメニアを抑え始め、1994年初夏に停戦協定が発効し、紛争は沈静化した。しかし、アルメニア軍がアゼルバイジャン領土の20%を占領し、アゼルバイジャン人避難民も帰還の展望を絶たれたままで、根本的解決には至らなかった。

 その後、1996年9月にアルメニア大統領に再選されたテルペトロシャンLevon A. Terpetrosyan(1945― )は柔軟路線に転じ、ナゴルノ・カラバフに広範な自治を与えたうえで、ナゴルノ・カラバフをアゼルバイジャンの構成州として国内に残すことを内容とするヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)の解決案を受け入れた。しかし、その結果、テルペトロシャンは、ナゴルノ・カラバフ大統領からアルメニア首相に就任していたロベルト・コチャリャンら政府内強硬派と対立することとなり、1998年2月、ついに辞任に追い込まれた。同年3月に実施された大統領選挙では、強硬派のコチャリャン候補が勝利したため、ナゴルノ・カラバフをめぐるアルメニアとアゼルバイジャンとの対立の行方が懸念されることとなった。

[上野俊彦]

 2016年4月、アゼルバイジャン軍とアルメニア軍による武力衝突が発生し、数十名の死者が出る事態となった。数日で停戦が成立したが、1994年の停戦合意以降、最大の武力衝突であった。その後も小規模な衝突が発生しており、依然として予断を許さない状況が続いている。

[編集部 2018年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナゴルノ・カラバフ戦争の関連情報