コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナッサウ ナッサウ Nassau

3件 の用語解説(ナッサウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナッサウ
ナッサウ
Nassau

西部ドイツの歴史的地方名。現在のドイツ,ヘッセン州の西半分とラインラントファルツ州の一部を含む。中世初期の時代は一つの主権国家であった。 12世紀頃からナッサウ伯が存在し,13世紀末期には短期間ではあったが神聖ローマ皇帝アドルフ・フォン・ナッサウ (在位 1292~98) も出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナッサウ

中世以来のドイツの伯爵領,1806年以後公爵領。ライン川とその支流ラーン川にはさまれた肥沃な農業・森林地帯で,ライン・ブドウ酒の産で有名。主都ウィースバーデン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナッサウ
なっさう
Nassau

ドイツ中西部の地方名。旧侯領。中心都市ウィースバーデン。1100年ごろラウレンブルク伯がナッサウ城を築造したことからその名がおこり、1160年以後同家はナッサウ伯とよばれるようになった。1255年同家はワルラム家系とオットー家系とに分かれ、主流のワルラム家系はドイツ国王アドルフ(在位1292~98)を出したが、その後、一族の間で領土の分割・統合が繰り返されたのち、1802~06年に再統合され、1806年侯位を認められた。1866年プロイセンに合併されてヘッセン・ナッサウ州の一部となり、第二次世界大戦後はヘッセン州に属している。オットー家系はのちオラニエ・ナッサウ家となり、1815年ネーデルラント王、ルクセンブルク大公となった。[中村賢二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナッサウの言及

【ウィースバーデン】より

…829年フランク族の王領管理所Wisibadaとして記録にあらわれ,13世紀には帝国都市となる。1281年ナッサウ伯の手に渡り,その後ナッサウ・ウージンゲンNassau‐Usingen公国,ナッサウ大公国の主都となり,宮殿(現在の州議会場),市庁舎,市場教会を中心とする今日の景観がつくられた。1860年プロイセン王国に併合。…

※「ナッサウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナッサウの関連キーワード西ドイツ東ドイツドイツ鯉統一ドイツドイツ第二テレビドイツ放送連盟ドイツ取引所中部ドイツ放送交響楽団ドイツの小さな町ドイツ村公園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナッサウの関連情報