ナノテクノロジー(化学の)(読み)なのてくのろじー/かがくのなのてくのろじー(英語表記)nanotechnology in chemistry

知恵蔵の解説

ナノテクノロジー(化学の)

物質をナノメートル(nm、10億分の1m)のスケールで自在に制御、操作することにより、新しい機能や優れた特性を持つ材料で、望みの機能を発現するデバイス(仕組み)を作る技術。さらにナノサイズ特有の物質特性を発現する材料(半導体微粒子、カーボンナノチューブなど)を集積、組織化して新たなデバイスを構築するナノデバイスの開発が注目されている。製造技術として、材料組成・組織制御技術、微細加工技術、計測技術の進展によりナノスケールにいたるトップダウン型の手法が従来用いられてきた。近年、原子・分子レベルから自己組織化能力などを活用しつつ、ナノ材料を組み上げる手法の研究が進展してきており、この分野は知識の蓄積が急務とされている。素材、情報通信、エネルギー、バイオなど広範な産業の発展に寄与するもので、ナノテクノロジーは21世紀の最重要技術の1つとして注目されている。

(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android