コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポレオン伝説 ナポレオンでんせつ Légendes napoléoniennes

3件 の用語解説(ナポレオン伝説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナポレオン伝説
ナポレオンでんせつ
Légendes napoléoniennes

フランス皇帝ナポレオン1世とその時代に対する憧れから生れた伝説。ナポレオンという英雄像の特徴や功績を生々しく記憶にとどめる民衆がつくりだしていったもの。セントヘレナにおけるナポレオンとの対話者ラス・カーズによる『セントヘレナ日記』 (1822) の公表と,ナポレオンの遺骨のフランス帰国 (40) は,フランス人感受性決定的な影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナポレオンでんせつ【ナポレオン伝説】

ナポレオン1世の偉大さと帝政の栄光をたたえる伝説。ナポレオン神話ともいう。単なる民間伝説,英雄伝説の域にとどまらず,文学,思想,政治の上に大きな影響力を及ぼした点に特徴がある。現在では,この伝説にいくつか側面のあることが指摘されている。まず〈官製伝説〉といわれる理由は,ナポレオン自身がナポレオン戦争を通じて国民に向けて戦況報告を出し,世論に訴えてその人間像を伝説化する傾向をもっていたからである。一方,皇帝権力にかげりの現れる1812年ころから,ブルボン王党派,文学者シャトーブリアンスタール夫人ら,国外ではベートーベン,ゴヤらの芸術家などは,皇帝の独裁に反感を抱き,〈反ナポレオン伝説〉というべきものをつくりあげ,〈コルシカの食人鬼〉というのがその標語であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナポレオン伝説
なぽれおんでんせつ
Lgende napolonienneフランス語

ナポレオン1世の偉大さとその帝政の栄光をたたえた伝説で、ナポレオン神話ともいわれる。ナポレオンの英雄的存在や劇的生涯は、文学者や思想家のみでなく、民衆によっても伝説化され、19世紀を通じてフランス社会に大きな影響を与えた。[井上幸治]

理想化の土壌

ナポレオン伝説は、普通の民間伝説や英雄伝説と違って、彼自身が意図的に自身の神話化にかかわっていた。流刑地セント・ヘレナ島まで随伴した軍人・医者・文筆家はいずれも日課として彼の口述を筆記していたが、これらがラス・カーズLas Cases(1766―1842)の『セント・ヘレナの思い出』(1823)を筆頭に、ナポレオンの没(1821)後全ヨーロッパに流布された。これをセント・ヘレナ文学とよんでいるが、そのなかで、ナポレオン像は、人類に火を与えたために山上に縛られたプロメテウスと化し、フランスやヨーロッパに平和を与える殉教者となり、またその軍事的独裁は忘れられて、彼は農民皇帝、革命の申し子ということになる。
 このように理想化されたナポレオン像をはぐくむ土壌は、まず第一に農村である。革命によって社会的に解放され、また国有化された土地の一部を購入した農民がナポレオンの軍隊の大部分を占めていたが、彼らはナポレオンが革命の成果を保障することを期待するのみか、三色旗を掲げて大陸を自由と平等を宣布しつつ馳(は)せ回った彼らの追憶は、ナポレオンとフランス国民の栄光とに結び付いていた。とくにナポレオン没落後、ブルボン王朝の反動支配がフランスに復活すると、農民もブルジョアも旧制度への逆転を恐れ、革命の保障としてのナポレオンへのあこがれはいっそう強まった。7月王政下になると、政治の表面にボナパルト派が現れたが、その焦点にたつのがナポレオン1世の甥(おい)にあたるルイ・ナポレオン・ボナパルトで、後のナポレオン3世である。[井上幸治]

文学への影響

ナポレオン1世と同時代の文学者スタール夫人とシャトーブリアンは、彼の独裁に対する痛烈な批判者であったが、その全盛期に青少年時代を過ごしたユゴー、バルザック、スタンダール、ベランジェらの文学者、詩人は、セント・ヘレナ文学にも触れ、英雄の神話化の風土のなかで、文学におけるナポレオン伝説を完成した。とくに19世紀前半のロマン主義文学において、過去へのあこがれは直接ナポレオンの伝説化につながり、ナポレオン像はいっそう光彩を帯びることになった。ボナパルト派が結成されるのと同時期である。ドイツでは、ナポレオンと会見したゲーテも彼の半神のような人間像を語り、ハイネもナポレオン伝説を無視できず、たとえ批判的であっても、トルストイもナポレオンを作品に登場させた。この伝説がいかに19世紀の世界に広まったかは、ナポレオンの存命中、1818年(文政1)日本では頼山陽(らいさんよう)が「法朗王の詩」を書き、江戸時代の学者の多くは強い関心をもち、10冊余りの伝記が書かれたことからも察せられる。[井上幸治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナポレオン伝説の関連キーワード第二帝政ナポレオン岩ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオンの密書ナポレオン[3世]ルイ・ナポレオンナポレオン金貨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone