コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマンガン ナマンガン Namangan

3件 の用語解説(ナマンガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマンガン
ナマンガン
Namangan

ウズベキスタン東部,ナマンガン州の州都。フェルガナ盆地北部にある工業都市。 15世紀末に記録に現れ,手工業中心地として発展。 18世紀末コカンド・ハン国領。 1876年ロシア領となってから農産物加工業が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナマンガン

ウズベキスタンの東部の都市。フェルガナ盆地の北部に位置する。15世紀末には知られていた町で,18世紀中頃までにはフェルガナ盆地の主要な町の一つになっていた。この地方で盛んな綿花の生産の中心で,ほかに食品加工などの軽工業も行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナマンガン
なまんがん
Наманган Namangan

ウズベキスタン共和国ナマンガン州の州都。フェルガナ盆地北部、コーカンドの北東約80キロメートル、北フェルガナ運河に沿って位置する。人口37万6600(1999)。コーカンドとウチクルガンを結ぶ鉄道の駅がある。1970年代に急速に工業化が進み、軽工業の大中心地となった。繊維、食品(ビールぶどう酒、肉缶詰、乳製品)、油脂の各工業が発達している。ほかに美術工芸品、履き物や機械製作、自動車修理、変圧器製造の諸工場もある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナマンガンの関連キーワードウズベクフェルガナフェルガナ盆地マルギランウズベキスタン暴動コーカンドОшПанҷакентフダヤルハン宮殿ラビハウズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone