コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマンガン ナマンガンNamangan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマンガン
Namangan

ウズベキスタン東部,ナマンガン州の州都。フェルガナ盆地北部にある工業都市。 15世紀末に記録に現れ,手工業中心地として発展。 18世紀末コカンド・ハン国領。 1876年ロシア領となってから農産物加工業が発達。繰綿,繊維 (絹,メリヤス,縫製) ,食品 (ワイン,缶詰,油脂) などの工業が立地する。教育大学,郷土博物館がある。フェルガナ環状鉄道が通る。人口 31万 9200 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナマンガン

ウズベキスタンの東部の都市。フェルガナ盆地の北部に位置する。15世紀末には知られていた町で,18世紀中頃までにはフェルガナ盆地の主要な町の一つになっていた。この地方で盛んな綿花の生産の中心で,ほかに食品加工などの軽工業も行なわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナマンガン
なまんがん
Наманган Namangan

ウズベキスタン共和国ナマンガン州の州都。フェルガナ盆地北部、コーカンドの北東約80キロメートル、北フェルガナ運河に沿って位置する。人口37万6600(1999)。コーカンドとウチクルガンを結ぶ鉄道の駅がある。1970年代に急速に工業化が進み、軽工業の大中心地となった。繊維、食品(ビールぶどう酒、肉缶詰、乳製品)、油脂の各工業が発達している。ほかに美術工芸品、履き物や機械製作、自動車修理、変圧器製造の諸工場もある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone