コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムク・ケマル Namık Kemal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナムク・ケマル
Namık Kemal

[生]1840.12.21. テキルダー
[没]1888.12.2. キオス島
トルコの民族主義思想家,詩人,小説家,劇作家。本名 Mehmet。トルコに近代ヨーロッパの思想を導入し,「自由主義の父」と呼ばれる。テキルダーの名門の出身。シナースィを知り,民族主義的な新聞『世論の注釈』 Tasvîr-i Efkârの主筆となって活躍した。 1865年「新オスマン人」協会に入ってスルタンの専制を批判したため,追われてヨーロッパへ亡命。 70年帰国後も反専制運動をやめず,再びキプロスへ追放された。戯曲『哀れな子供』 Zavalli Çocuk (1873) ,『アーキフ・ベイ』 Âkif Bey (74) はここで書かれた。 76年立憲政治が開かれると,イスタンブールに戻り,憲法作成委員の一人となった。立憲政治が短期間で挫折し,スルタンの専制政治が復活するとキオス島へ流され,同地で没した。戯曲『祖国あるいはスィリストレ』 Vatan Yahut Silistre (73) は若い民族主義者たちに大きな影響を与えた。またイスラムの伝統を近代世界に適応させることにも努力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナムク・ケマル
なむくけまる
Namik Kemal
(1840―1888)

オスマン帝国の詩人。自由主義思想の先駆者であり、トルコ近代文学の祖ともいわれる。テキルダアの名門の生まれ。少年時代は祖父母とともにアナトリア各地で過ごし、家庭教師たちからアラビア語、ペルシア語を学ぶ。イスタンブールへ出て、詩人シナースィの影響を受け、彼の発刊した新聞『世論の注釈』に執筆。また、自由主義思想家として専制政治打倒の政治評論を手がけ、そのため追放されてパリへ亡命した。1870年、恩赦で帰国、73年、史劇『祖国あるいはシリストレ』を発表して大好評を得たが、当局の忌諱(きき)に触れてその年キプロス島に流され、そこで戯曲や小説を書いた。3年後許され、76年のミトハト憲法発布に際しては草案作成委員となったが、専制政治の復活とともに左遷されて、病死した。多くの愛国的詩、戯曲六編、『目ざめ』(1876)ほか小説一編などあるが、その作品には政治性と思想性が強く反映されており、自由と祖国愛などが主要なテーマとなっている。[永田雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナムク・ケマルの関連キーワードアブデュルハック・ハミト・タルハンアブドゥルハック・ハーミトアブドゥル・アジーズアブデュルアジーズアフメト・ミトハトメシュルティエトミトハト・パシャジヤ・パシャ青年トルコトルコ文学

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android