コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワシログミ ナワシログミElaeagnus pungens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナワシログミ
Elaeagnus pungens

グミ科の常緑低木。関東以南の山野,特に海岸の近くに生える。高さ 2.5m内外に達し,よく分枝し,また枝が針に変ることも多い。葉は長楕円形で互生し,長さ 5cmぐらい,縁は波打ち裏面は汚白色で,褐色または銀色の星状鱗片が密につく。秋,葉腋に先が4裂した白色の筒状花を数個束状に下垂し,翌年の5~6月に楕円形の果実が赤く熟する。果実は生食される。和名苗代をつくる頃に熟するグミの意である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナワシログミ

グミ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナワシログミ
なわしろぐみ / 苗代茱萸
[学]Elaeagnus pungens Thunb.

グミ科の常緑低木。密に枝を分かち、小枝は褐色、末端はしばしば刺(とげ)に終わる。葉腋(ようえき)にも小さな刺がある。葉は長楕円(ちょうだえん)形、革質で縁(へり)は波状となる。10~11月、葉腋に少数の花を開く。萼筒(がくとう)は太い円筒形で四稜(りょう)をなし、基部は急に狭まって子房に移る。裂片は筒部のほぼ半分の長さ。果実は長楕円形で大きく、4~5月に赤く熟し、細い柄で垂れ下がる。名は、苗代のころに果実が熟すことによる。中部地方以西の本州から九州の暖地に分布する。[籾山泰一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のナワシログミの言及

【グミ】より

… 日本には地方的な固有種が多いが,普通種には次のような種がある。ナワシログミE.pungens Thunb.(英名thorny elaeagnus)は海岸近くや浅山に普通な常緑低木。葉は革質で厚く,ふちはやや裏に巻き波状になる。…

※「ナワシログミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナワシログミの関連キーワード茱萸・胡頽子田植胡頽子春胡頽子胡頽子グミ科茱萸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android