コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブソウ Achlys triphylla ssp.japonica (Maxim.) Kitam.

2件 の用語解説(ナンブソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナンブソウ【Achlys triphylla ssp.japonica (Maxim.) Kitam.】

繊細なメギ科の多年草イラスト)。ナンブソウという名は,岩手県の南部地方で最初に採集されたことによる。地中を走る地下茎は細い。葉は1枚で根生し,3小葉からなり,中央小葉はひし形状卵形,左右両小葉はゆがんだ三角形穂状花序にたくさんの花がつく。花は7~12本のおしべと1本のめしべだけからなり,萼片も花弁もない。子房には1個の胚珠がある。果実は裂開せず,中に1個の種子がある。日本では,東北地方北海道に分布し,他に北朝鮮からも報告がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンブソウ
なんぶそう / 南部草
[学]Achlys triphylla (Smith) DC. ssp. japonica (Maxim.) Kitam.

メギ科の多年草。地下茎はよく発達する。葉は一枚、葉身は三枚に切れ込み、葉柄は細長い。初夏、1本の穂状花序をつくり、多数の白色花を開く。花は萼片(がくへん)、花弁ともになく、7~12本の白色の雄しべと1本の雌しべからなる。子房は一室、胚珠(はいしゅ)は1個。果実は裂開せず、中に種子が1個ある。東北地方、北海道、および朝鮮半島北部に分布する。ナンブソウ属は東アジアと北アメリカ西部に2種二亜種が隔離分布している。 名は、東北地方北部にある南部で初めて採集されたことによる。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナンブソウの関連キーワードラナンキュラスイラスト山荷葉水蘭戸隠升麻南部草類葉牡丹油薄錨草

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone