コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブソウ Achlys triphylla ssp.japonica (Maxim.) Kitam.

2件 の用語解説(ナンブソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナンブソウ【Achlys triphylla ssp.japonica (Maxim.) Kitam.】

繊細なメギ科の多年草イラスト)。ナンブソウという名は,岩手県の南部地方で最初に採集されたことによる。地中を走る地下茎は細い。葉は1枚で根生し,3小葉からなり,中央小葉はひし形状卵形,左右両小葉はゆがんだ三角形穂状花序にたくさんの花がつく。花は7~12本のおしべと1本のめしべだけからなり,萼片も花弁もない。子房には1個の胚珠がある。果実は裂開せず,中に1個の種子がある。日本では,東北地方北海道に分布し,他に北朝鮮からも報告がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンブソウ
なんぶそう / 南部草
[学]Achlys triphylla (Smith) DC. ssp. japonica (Maxim.) Kitam.

メギ科の多年草。地下茎はよく発達する。葉は一枚、葉身は三枚に切れ込み、葉柄は細長い。初夏、1本の穂状花序をつくり、多数の白色花を開く。花は萼片(がくへん)、花弁ともになく、7~12本の白色の雄しべと1本の雌しべからなる。子房は一室、胚珠(はいしゅ)は1個。果実は裂開せず、中に種子が1個ある。東北地方、北海道、および朝鮮半島北部に分布する。ナンブソウ属は東アジアと北アメリカ西部に2種二亜種が隔離分布している。 名は、東北地方北部にある南部で初めて採集されたことによる。[寺林 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone