コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーシーフ・アル・ヤージジー ナーシーフ・アル・ヤージジーNāsīf ibn `Abd Allāh al-Yāzijī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーシーフ・アル・ヤージジー
Nāsīf ibn `Abd Allāh al-Yāzijī

[生]1800. ベイルート近郊クフルシーマー
[没]1871. ベイルート
近代アラブの文学者。マロン派クリスチャン。生涯をアラブ古典文学の復興に捧げた。 1840年まではレバノンを支配していたシハーブ家のバシール2世の書記を勤めていたが,バシールが左遷されてからはベイルートで著作と教授に専念した。アメリカ宣教師たちと交わり,聖書のアラビア語翻訳に協力。アラビア語の文法,論理学,修辞学,詩学,医学,歴史などについての書を著わした。 47年「文芸・学術協会」のメンバーとなり,アラブ古典文学の復興こそアラブ救済の道であると説いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナーシーフ・アル・ヤージジーの関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟フィッセル辛酉教獄正祖勢道政治ドルトントレビシック吉雄耕牛