野史(読み)やし

  • 書名

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本野史』『日本野史』ともいう。江戸時代の歴史書。本紀 21巻,列伝 270巻,計 291巻。幕末国学者飯田忠彦撰。嘉永4 (1851) 年完成。水戸の『大日本史』のあとをうけ,後小松天皇から仁孝天皇にいたる 420年余の紀伝体の史書で,漢文で書かれており,38年の歳月をかけて完成した。忠彦没後,1882年刊行され,さらに 1906年には山田安栄が訂して刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

江戸時代末期に編纂された歴史書。別名《大日本野史》《日本野史》。国学者で勤王家飯田忠彦の編。水戸藩の《大日本史》のあとを受け,後小松天皇(在位1392‐1412)より仁孝天皇(在位1817‐46)に至る420年余の歴史を,紀伝体・漢文で叙述する。本紀21巻,列伝270巻。1851年(嘉永4)成立。完成まで38年を要したという。1871‐72年(明治4‐5)の竹中邦香校訂本のあと,1904‐06年,1919‐20年に公刊されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

官命によらず在野の人が編纂へんさんした歴史書。私撰の歴史。外史。私史。野乗やじよう。 ⇔ 正史
「大日本野史」の略称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯田忠彦(いいだただひこ)が38年間を費やして1851年(嘉永4)に完成した日本歴史書。漢文。別名『大日本野史』『日本野史』『続大日本史』。本紀21巻、列伝270巻、合計291巻、巻首三巻からなる大著である。水戸藩の『大日本史』の後を継ぎ、後小松(ごこまつ)天皇の明徳(めいとく)年間(1390~94)から仁孝(にんこう)天皇の文政(ぶんせい)年間(1818~30)まで420余年の史実を紀伝体で詳述してある。伝記資料として価値が高い。著者は有栖川(ありすがわ)宮の侍臣で、国史、系譜に関する著書も多い。[福井 保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 在野の人の編纂した史伝。民間で撰述した歴史。私撰の歴史。野乗。
※童子問(1707)下「則見野史稗説。皆有至理」 〔陸亀蒙‐奉酬襲美苦雨見寄詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

江戸末期,周防 (すおう) (山口県)徳山藩士飯田忠彦の史書
大日本野史ともいう。1851年成立。全291巻。『大日本史』のあとをうけ後小松天皇から仁孝天皇までの約420年間の歴史を漢文の紀伝体で記す。列伝は后妃皇子皇族武将歌人孝子叛臣など22門270巻に及ぶ。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の野史の言及

【飯田忠彦】より

…通称は初め要人,刑部,のち左馬。号は夷浜釣叟,環山,野史氏など。周防(すおう)徳山藩士生田十蔵の子として生まれたが,1821年(文政4)河内八尾の郷士飯田忠直の養子となった。…

※「野史」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野史の関連情報