コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガキ

3件 の用語解説(ニガキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ニガキ

日本全土,東アジアの山野にはえるニガキ科の落葉高木。樹皮,枝,葉などに強い苦味がある。葉は奇数羽状複葉,小葉は長卵形で先はとがる。雌雄異株。5〜6月,新枝の葉腋から広円錐花序を出し,黄緑色4〜5弁の花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニガキ【nigaki】

日本の山野に自生するニガキ科の落葉高木。新芽は裸芽で,赤褐色の短毛を密生する。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ20~30cm。小葉は対生し,膜質で,卵形ないし卵状長楕円形,長さ4~10cm,先端はとがり,基部は広いくさび形,ふちに鋸歯がある。雌雄異株で,初夏,葉腋(ようえき)に集散花序をつける。花は黄緑色で小さい。果実は核果で,倒卵形,長さ6~7mm,紅色や濃青色に熟する。全株すこぶる苦味がある。北海道~琉球,朝鮮,台湾,中国,ヒマラヤに分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガキ
にがき / 苦木
[学]Picrasma quassioides Bennett

ニガキ科の落葉高木。日本、朝鮮半島、台湾、中国(黄河以南)、インドに分布する。高さ12メートル、幹の周囲1.2メートルに達する。葉は互生し、長さ20~30センチメートルの奇数羽状複葉。小葉は5~6対で長さ6~8センチメートル。長卵形あるいは卵状披針(ひしん)形で先は長くとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。雌雄異株で、花は4~5個の小さい萼片(がくへん)と緑色の花被(かひ)をもち、夏に小枝の葉腋(ようえき)から長い柄を出して円錐(えんすい)花序をつける。雄花は4~5個の雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)と退化雌蕊(雌しべ)1個、雌花は4~5個の不完全雄蕊と雌蕊1個をもつ。子房が裂けているので核果は3~4個になる。核果は楕円(だえん)形で種子を1個ずつもち、成熟すると黒色を呈する。全体に苦味をもつが、これは苦味質のカッシンを含有するためである。
 日本では材を苦木(くぼく)またはニガキと称して、苦味健胃剤として消化不良、胃炎、食欲不振などの治療に用いる。中国では幹皮と根皮を苦樹皮(くじゅひ)と称して清熱、解毒、殺虫剤として細菌性下痢、胃腸病、胆道炎、回虫病、疥癬(かいせん)、湿疹(しっしん)、湯火傷などの治療に用いる。なお、薬理作用はセンダンMelia azedarach L.の樹皮(苦楝皮(くれんぴ))と同じであるため、混用されることもある。インドでは樹皮と葉を解熱、殺虫剤とするほか、葉を疥癬の治療、皮の煎液(せんえき)をウシのノミ取り、果実を健胃剤として用いる。
 中南米産のニガキ科別属の幹をカッシア木(ぼく)Quassiaといい、ニガキと同様に用いる。市場品にはスリナム・カッシア、ジャマイカ・カッシアの2種がある。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニガキの関連キーワード泡吹苦木夏椿麻殻犬四手小楢胡麻木塩地科の木山柿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニガキの関連情報