コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニガキ

百科事典マイペディアの解説

ニガキ

日本全土,東アジアの山野にはえるニガキ科の落葉高木。樹皮,枝,葉などに強い苦味がある。葉は奇数羽状複葉,小葉は長卵形で先はとがる。雌雄異株。5〜6月,新枝の葉腋から広円錐花序を出し,黄緑色4〜5弁の花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニガキ【nigaki】

日本の山野に自生するニガキ科の落葉高木。新芽は裸芽で,赤褐色短毛を密生する。葉は互生し,奇数羽状複葉,長さ20~30cm。小葉は対生し,膜質で,卵形ないし卵状長楕円形,長さ4~10cm,先端はとがり,基部は広いくさび形,ふちに鋸歯がある。雌雄異株で,初夏,葉腋(ようえき)に集散花序をつける。花は黄緑色で小さい。果実は核果で,倒卵形,長さ6~7mm,紅色や濃青色に熟する。全株すこぶる苦味がある。北海道~琉球,朝鮮,台湾,中国,ヒマラヤに分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニガキ
にがき / 苦木
[学]Picrasma quassioides Bennett

ニガキ科の落葉高木。日本、朝鮮半島、台湾、中国(黄河以南)、インドに分布する。高さ12メートル、幹の周囲1.2メートルに達する。葉は互生し、長さ20~30センチメートルの奇数羽状複葉。小葉は5~6対で長さ6~8センチメートル。長卵形あるいは卵状披針(ひしん)形で先は長くとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。雌雄異株で、花は4~5個の小さい萼片(がくへん)と緑色の花被(かひ)をもち、夏に小枝の葉腋(ようえき)から長い柄を出して円錐(えんすい)花序をつける。雄花は4~5個の雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)と退化雌蕊(雌しべ)1個、雌花は4~5個の不完全雄蕊と雌蕊1個をもつ。子房が裂けているので核果は3~4個になる。核果は楕円(だえん)形で種子を1個ずつもち、成熟すると黒色を呈する。全体に苦味をもつが、これは苦味質のカッシンを含有するためである。
 日本では材を苦木(くぼく)またはニガキと称して、苦味健胃剤として消化不良、胃炎、食欲不振などの治療に用いる。中国では幹皮と根皮を苦樹皮(くじゅひ)と称して清熱、解毒、殺虫剤として細菌性下痢、胃腸病、胆道炎、回虫病、疥癬(かいせん)、湿疹(しっしん)、湯火傷などの治療に用いる。なお、薬理作用はセンダンMelia azedarach L.の樹皮(苦楝皮(くれんぴ))と同じであるため、混用されることもある。インドでは樹皮と葉を解熱、殺虫剤とするほか、葉を疥癬の治療、皮の煎液(せんえき)をウシのノミ取り、果実を健胃剤として用いる。
 中南米産のニガキ科別属の幹をカッシア木(ぼく)Quassiaといい、ニガキと同様に用いる。市場品にはスリナム・カッシア、ジャマイカ・カッシアの2種がある。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニガキの関連キーワードシンジュサン(樗蚕)コウシュンカズラニガキ(苦木)ヘツカニガキシンジュサン神樹蚕・樗蚕ニワウルシキャッサバ寄木細工シンジュ陀羅尼助苦棟子神樹蚕苦木神樹蝨殺庭漆

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニガキの関連情報