コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラウス[1世] ニコラウス

百科事典マイペディアの解説

ニコラウス[1世]【ニコラウス】

ローマ教皇(在位858年―867年),聖人。東フランク王ロタール2世の離婚を認めず,またコンスタンティノープル教会に干渉して総主教フォティオスを破門(863年)するなど,教皇権伸長と東西教会の分離に拍車をかけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニコラウス[1世]【Nicolaus I】

?‐867
ローマ教皇。在位858‐867年。教皇権を強く主張し,大教皇と呼ばれた。聖人。司教はすべて教皇に直接訴える権利があるとして,訴えによってコンスタンティノープル教会の内紛に干渉し,皇帝が認可したコンスタンティノープル総主教イグナティオスIgnatiosの辞任とフォティオスの登位を認めず,フォティオスを破門(863)。ブルガリア布教をめぐってもコンスタンティノープルと対立,東西両教会分離の第一歩を踏みだした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ニコラウス[1世]の関連キーワードミカエル3世フォティオスニコラウス1世アナスタシウスサッファール朝ニコラウス[1世]フォティオスニコラウス(1世)日本文徳天皇実録バシリウス1世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android