コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキベラ Thalassoma cupido

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキベラ
Thalassoma cupido

スズキ目ベラ科の海水魚体長 15cm内外。体はやや長く,強く側扁する。頭部に鱗がない。後先端は截形。美しい魚で,体は青,黄,オリーブ,紅,黒色などで彩られている。本州中部以南の暖海に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニシキベラ【Thalassoma cupido】

スズキ目ベラ科の海産魚(イラスト)。青緑色の地に暗赤色のすじあるいは斑紋が体の各部に配され,体側の中央と腹側に黒っぽい縦帯が走る。ニシキ(錦)の名のとおり美しい魚で,本州中部以南の磯にもっともふつうに見られるベラで,奄美大島以南ではむしろ少ない。ニシキベラは三崎寺泊などでの呼名で,背の青みが目につくところからアオベラアオベロ(和歌山),アオテンジョウ(小湊)などと呼ばれ,ジョロクサビ(長崎)の名もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニシキベラ
にしきべら / 錦倍良
rainbowfish
[学]Thalassoma cupido

硬骨魚綱スズキ目ベラ科に属する海水魚。本州中部以南の南日本から西太平洋、インド洋に広く分布する。体は細長く側扁(そくへん)し、青緑色の地に3条の不規則な赤色縦帯があるが、雄は全体に青みが強く、雌は赤っぽい。全長20センチメートル(通常は15センチメートルぐらい)。本州、四国、九州ではもっとも普通のベラの1種であるが、南西諸島ではむしろ少ない。浅い岩礁にすみ、肉食性。夜は岩陰に入って眠る。食用になるが味はよくない。[荒賀忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニシキベラの関連キーワードベラ(海水魚)遍羅・倍良肉食性青遍羅遍羅

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android