コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニックリッシュ ニックリッシュ Nicklisch, Heinrich

3件 の用語解説(ニックリッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニックリッシュ
ニックリッシュ
Nicklisch, Heinrich

[生]1876.7.19. テッタウ
[没]1946.4.28. ベルリン
ドイツ経営経済学の創始者。ライプチヒ商科大学,テュービンゲン大学に学び,1910年マンハイム商科大学教授 (1914~18同大学長) ,21年ベルリン商科大学教授となる。会計学の領域では貸借対照表説あるいは貸借対照表二勘定学説といわれる勘定説を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニックリッシュ

ドイツの経営学者。マンハイム,ベルリン商科大学教授。経営を労資の共同体とみる規範論学派を創始,シュマーレンバハらの技術論学派と区別され,第2次大戦終了までドイツ経営学界を風靡(ふうび)した。
→関連項目経営学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニックリッシュ
にっくりっしゅ
Heinrich Nichlisch
(1876―1946)

ドイツ経営経済学の創始者の1人。ライプツィヒ商科大学およびチュービンゲン大学に学び、1910年からマンハイム商科大学教授、21年から45年までベルリン商科(のち経済)大学教授を務めた。彼はドイツ規範論的経営経済学を代表する学者であり、また動態論批判の最初の人でもある。彼の経営共同体を本質とする一般経営経済学は有名であるが、彼の主著『経営経済論』Die Betriebswirtschaft(初版1912。第七版1929~32で大増訂され、現書名となる)において重要な地位を占めている計算論はとくに著名である。そこでは、貸借対照表は、借方の期間的価値区分の機能と、貸方の価値監視機能すなわち資本維持管理の機能とを通じて、期末時点の統一的な経営像を与えると説明されている。この観点は、貸借対照表二勘定系統説として知られる彼の勘定学説の基礎ともなっている。[宇南山英夫]
『木村喜一郎訳『経営経済学原理』(1930・文雅堂書店) ▽高田馨著『経営共同体の原理――ニックリシュ経営学の研究』(1957・森山書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニックリッシュの関連キーワードテックタウタウンズ鉄船訴ふエヌメースタウン死のカルテット哲多〈町〉Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone