コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニトリロ三酢酸

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニトリロ三酢酸
にとりろさんさくさん
nitrilotriacetic acid

分析試薬の一つ。ニトリロトリ酢酸、アンモニア三酢酸、トリス(カルボキシメチル)アミンなどともいう。略称NTA。アンモニアとクロロ酢酸とからシアン化カリウム、ホルムアルデヒドの作用で得られる無色の結晶で、冷水に難溶。アルカリ土類金属、マグネシウム、重金属イオンと水に溶けやすい安定な一対一の錯塩をつくる(配位子としてはntaH3と略記)。錯塩の安定度はエチレンジアミン四酢酸(EDTA)より劣る。二ナトリウム塩はキレート滴定用の試薬として使われている。[務台 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニトリロ三酢酸の関連キーワードニトリロ三酢酸(データノート)コンプレキサン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android