コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューハンプシャー[州] ニューハンプシャー

百科事典マイペディアの解説

ニューハンプシャー[州]【ニューハンプシャー】

米国北東部の州。略称NH。北部ホワイト山地をはじめ全体に氷食を受けた山地が多く,平地は乏しい。丘陵部には無数の氷河湖分布大都市に近く酪農,野菜・果樹栽培などが農産主体をなす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ニューハンプシャー[州]【New Hampshire】

アメリカ合衆国北東部,ニューイングランドの州。略称N.H.。独立13州の一つで,連邦加入1788年,9番目。面積2万4097km2,人口116万(1996)。州都コンコード,最大都市マンチェスター。州名はイギリス南部の地名ハンプシャーに由来。アパラチア山脈の一部であるホワイト山地およびその周辺の丘陵が州の大半を占める。最高峰は蒸気機関車によるアプト式登山鉄道で知られるワシントン山(1917m),州南部にはモナドノック(残丘)の名称のもととなったモナドノック山(965m)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android