コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーダーエスターライヒ Niederösterreich

世界大百科事典 第2版の解説

ニーダーエスターライヒ【Niederösterreich】

オーストリア北部の州(ラント)。オーバーエスターライヒに接してドナウ川の下流に広がるオーストリアの主要な穀作地帯の一つであり,州都はザンクト・ペルテンSankt Pölten(人口5万,1991)。面積1万9170km2,人口152万(1995)。
[地理]
 住民の大半は農業に従事しており,ライムギコムギ,トウモロコシ,テンサイがおもな産物である。また,ワッハウWachau谷地方はドナウ川両岸の斜面にブドウ畑が作られ,良質のワインの産地として知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーダーエスターライヒ
にーだーえすたーらいひ
Niedersterreich

オーストリア北東部、首都ウィーンを取り囲むように位置する州。面積は同国最大で1万9174平方キロメートル、人口はウィーン州に次ぎ第2位で154万9640(2001)。州都はザンクト・ペルテン。ボヘミアの森に続くワルトフィアテルWaldviertelおよびカルパティア山脈前地のワインフィアテルWeinviertelの2山地、これらの縁辺を流れるドナウ川、その狭隘(きょうあい)部のワハウ(バッハウ)Wachau地区、拡大部のトゥルナー・フェルトTullner Feld(盆地)とマルヒフェルトMarchfeld(平野)などは地形的に特徴のある生活空間である。それらの南に連なるアルプス前地は交通と工業の中枢で、アルプス前地の東はウィーン盆地へと続いている。不毛地を除く面積の3分の1は畑地で、その割合は国内第1位である。温和な冬と暑い夏は、ワインフィアテル、ワハウなどに良質な白ワインの産出をもたらす。工業生産額は全国の5分の1を占め、食品工業、繊維工業、製鉄、金属工業、化学工業に重点がある。[前島郁雄]

世界遺産の登録

ドナウ川流域のワハウ(バッハウ)地区は2000年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「ワハウ(バッハウ)渓谷の文化的景観」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ニーダーエスターライヒの関連キーワードトーンキュンストラー管弦楽団ウィーナー・ノイシュタットウィーナーノイシュタットバーデン(オーストリア)クロスターノイブルクケーンリンガー城跡デュルンシュタインザンクトペルテンマルヒフェルトゼメリング峠メルク修道院グミュントホラインバーデンエンス川クレムスメルク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android