コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌンムライト Nummulites

世界大百科事典 第2版の解説

ヌンムライト【Nummulites】

大型の有孔虫の一つの属で,第三紀暁新世に出現し,漸新世に絶滅した。外形にもとづいて名づけられた学名(ラテン語nummusは貨幣)の意味するとおり貨幣石とも呼ばれる。ヌンムライトの殻の外形は凸レンズないし円盤形を呈し,初室に続いて多数の室がらせん状に密に巻きながら,平面的に配列する。外面には最後の一巻きの室のみが現れる(包旋回)。各室を仕切る隔壁と殻壁両側面との交わりである縫合線は細い糸状になるので,隔壁フィラメントと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヌンムライトの関連キーワード古第三紀

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android