コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌーシャテル湖 ヌーシャテルこLac de Neuchâtel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌーシャテル湖
ヌーシャテルこ
Lac de Neuchâtel

スイス西部にある湖。ドイツ語ではノイエンブルク湖 Neuenburgersee。ヌーシャテル州ベルン州フリブール州ボー州に接する。面積 218km2,湖面の標高 429m,最大水深 153m,長さ約 38km,幅 6~8km。ティエール川が南西端から流入,北東端から運河で流出した水は,ビール湖を経てアーレ川に注ぎ,ライン川の水源を形成する。北岸のラ・テーヌ地区には鉄器時代後期のラ・テーヌ文化遺跡が残される。2011年,アルプスがまたがる 6ヵ国にある湖畔杭上住居(→湖上住居)の遺跡が世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヌーシャテル湖
ぬーしゃてるこ
Lac de Neuchtel

スイス西部にある湖。ジュラ山脈の麓(ふもと)を占め、北東―南西方向に細長い。湖面標高429メートル、面積218.3平方キロメートル、最大水深153メートル。ツィール水路により排水され、ビール湖を経て、アーレ川を通じてライン川に連絡する。2回にわたるジュラ河川改修により湖面が低下した結果、湖岸に先史時代の遺跡が多くみられる。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヌーシャテル湖の関連キーワードピエトロ2世[サボイア伯]イベルドンレバンヌーシャテル水中考古学イベルドン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android