コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイシャーブール Neyshābūr

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイシャーブール
Neyshābūr

もとニーシャープール Nīshāpūrと呼ばれた。イラン北東部,ホラーサーン州の都市。メシェドの西南西約 60km,標高 1213m,広大で肥沃な平原に位置する。周辺の穀物,綿花を集散し,絨毯,陶器の製造が行われる。テヘラン-メシェド間の鉄道,幹線道路が通っている。町はササン朝のシャープール1世 (在位 241~272) が創設したと伝えられ,9~10世紀のターヒル朝からサーマン朝にかけて最も繁栄。 1037年にはセルジューク朝の宮廷がおかれた。 12世紀後半以後は地震とモンゴル軍のため徹底的に破壊された。市の東方のガダムガル陵発掘の結果,セルジューク朝とそれ以前の美術,建築の遺品が出土した。南東に 12世紀の天文学者で詩人のオマル・ハイヤームの墓がある。北西約 50kmのマダンにはトルコ石の鉱山がある。人口 13万 5681 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネイシャーブール(Neyshābūr)

イラン北東部、ラザビーホラーサーン州の古都。3世紀半ば、ササン朝ペルシア第2代の王シャープール1世により建設。7世紀半ばにイスラム化され、ホラサーン地方の文化・政治・宗教の中心地として栄えた。13世紀に大地震とモンゴル軍侵略による被害を受けた。中世ペルシアの詩人ウマル=ハイヤーム、シェイフ=アッタールの霊廟(れいびょう)がある。ニシャブール。ニーシャープール。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイシャーブール
ねいしゃーぶーる
Neyshbr

イラン北東部、ホラサーン州の都市。マシュハドの西137キロメートル、ビナールード山脈の南麓(なんろく)、標高1193メートルに位置する。人口15万8847(1996)。3世紀中ごろにササン朝のシャープール1世が建設、5世紀にはホラサーンの州都となり、11世紀にはセルジューク朝下でニザーミーヤ学院がつくられるなど、東イランの学問、政治、文化、宗教の中心地として栄えた。1208年に大地震に襲われ、1221年にはモンゴル軍に完全に破壊され、その後は往時の繁栄を回復できなかった。有名な詩人ウマル・アル・ハイヤーミーとアッタールの生地で、墓は郊外にある。トルコ石の産地として有名。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のネイシャーブールの言及

【ニーシャープール】より

…イラン北東部,ホラーサーン州の都市。ペルシア語でネイシャーブールNeyshābūr。人口5万9101(1976)。…

※「ネイシャーブール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネイシャーブールの関連キーワードイマームル・ハラマインシェイフアッタール廟ウマルハイヤーム廟トゥグリル・ベクニザーミーヤ学院中東史(年表)サッファール朝アンサーリーイスラム絵画ハマザーニーガザーリーターヒル

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android