コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネイシャーブール ネイシャーブール Neyshābūr

3件 の用語解説(ネイシャーブールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネイシャーブール
ネイシャーブール
Neyshābūr

もとニーシャープール Nīshāpūrと呼ばれた。イラン北東部,ホラーサーン州の都市。メシェドの西南西約 60km,標高 1213m,広大で肥沃な平原に位置する。周辺の穀物,綿花を集散し,絨毯,陶器の製造が行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネイシャーブール(Neyshābūr)

イラン北東部、ラザビーホラーサーン州の古都。3世紀半ば、ササン朝ペルシア第2代の王シャープール1世により建設。7世紀半ばにイスラム化され、ホラサーン地方の文化・政治・宗教の中心地として栄えた。13世紀に大地震とモンゴル軍侵略による被害を受けた。中世ペルシアの詩人ウマル=ハイヤーム、シェイフ=アッタールの霊廟(れいびょう)がある。ニシャブール。ニーシャープール。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネイシャーブール
ねいしゃーぶーる
Neyshbr

イラン北東部、ホラサーン州の都市。マシュハドの西137キロメートル、ビナールード山脈の南麓(なんろく)、標高1193メートルに位置する。人口15万8847(1996)。3世紀中ごろにササン朝のシャープール1世が建設、5世紀にはホラサーンの州都となり、11世紀にはセルジューク朝下でニザーミーヤ学院がつくられるなど、東イランの学問、政治、文化、宗教の中心地として栄えた。1208年に大地震に襲われ、1221年にはモンゴル軍に完全に破壊され、その後は往時の繁栄を回復できなかった。有名な詩人ウマル・アル・ハイヤーミーとアッタールの生地で、墓は郊外にある。トルコ石の産地として有名。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のネイシャーブールの言及

【ニーシャープール】より

…イラン北東部,ホラーサーン州の都市。ペルシア語でネイシャーブールNeyshābūr。人口5万9101(1976)。…

※「ネイシャーブール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ネイシャーブールの関連キーワードアンワリーサーリーラムサールホラーサーンホラサーンアースターラーガズビーントゥースラーヒージャーンディーンザビーン

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone