コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオダダ Neo-Dada

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオダダ
Neo-Dada

第2次世界大戦後のアメリカ美術の動向のうち,J.ジョーンズ,R.ラウシェンバーグらの仕事を一括した呼称。現実の物体に対する関心が顕著であることと,従来の絵画の形式からの逸脱という特徴が,戦前のダダを連想させたのでこの呼称が生れた。ジョーンズの旗や標的などの記号の絵画化,ラウシェンバーグのコンバイン・ペインティングは 50年代の抽象表現主義と 60年代のポップ・アートとを橋渡しする役割を果した。彼らの作品には M.デュシャン,J.ケージの思想の影響が色濃くみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネオ‐ダダ(neo-Dada)

伝統芸術破壊を唱えた第一次大戦後のダダイスムとは別に、日用品や廃品などの素材を用いて1950年代に興った新芸術運動。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ネオダダ【neo dada】

1950年代アメリカ美術の前衛的な動向。 R =ラウシェンバーグや J =ジョーンズを中心に、廃物など卑俗な物を作品のなかに取り込むことで、芸術の真の意味を問いかけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ネオダダの関連キーワードリヒター(Gerhard Richter)ジョーンズ(Jasper Johns)コンセプチュアル・アートジャスパー ジョーンズR. ラウシェンバーグヌーボー・レアリスム四つの顔のある標的アッサンブラージュローゼンクイスト具体美術協会ネオ・ダダ菊畑茂久馬赤瀬川原平フルクサス小杉武久現代美術工藤哲巳安宅夏夫オブジェ荒川修作