コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネゲブ砂漠 ネゲブサバク

3件 の用語解説(ネゲブ砂漠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ネゲブ‐さばく【ネゲブ砂漠】

Negev》イスラエル南部にある砂漠。東はヨルダン地溝帯、西はシナイ半島に挟まれる。主な都市は北部のベールシェバ、南部のエイラトイスラエル独立後の農業開拓によって建設された町も多い。古代ローマ東ローマ帝国時代の遺跡も見られる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネゲブ砂漠【ネゲブさばく】

イスラエル南部にある砂漠。紀元前交易都市が連なり,古代ナバタイ人アラビア南部から地中海沿岸へ乳香や没薬を運んで通過した交易路が,ペトラガザエイラトなどとネゲブの都市を結んでいた。
→関連項目イスラエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネゲブ砂漠
ねげぶさばく
NegevNegeb

イスラエル南部にある砂漠。ベールシェバからエイラトまで、東はヨルダン地溝帯、西はシナイ半島に挟まれ、長三角形状をなす。面積約1万2000平方キロメートル。ベドウィン遊牧民)の遊牧地であったが、イスラエル独立後は農業開拓が進められ、穀物、飼料作物、果実、野菜の産地となっている。鉱産資源としてはカリ塩、燐酸(りんさん)塩、天然ガス、陶土などを産する。ローマ時代やビザンティン時代の遺跡も多い。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネゲブ砂漠の関連キーワードヤッファパトリアルクイスライスラエルロビーエルドギャウ希伯来イスラエル交響曲イスラエル室内管弦楽団パレスチナ情勢レバノン紛争

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネゲブ砂漠の関連情報