コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネブライザー nebulizer

翻訳|nebulizer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネブライザー
nebulizer

エアロゾル吸入療法または噴霧療法を行なうために,薬剤を含んだ細かい霧を発生させる装置(→エアロゾル)。喀痰粘液溶解剤,気管支拡張剤,抗生物質などの薬液に超音波振動や高速気流を与えて数μmの大きさの微粒子煙霧をつくり,これを気道内に噴霧して,気管支や肺胞に送り込む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ネブライザー(nebulizer)

のどや気管の病気の際に、薬液を霧状にして口や鼻から吸収させる装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ネブライザー【nebulizer】

気道内の加湿や薬液投与のための吸入療法に用いられる器具で,水や薬液を細かな霧状に変える。通常の加湿器のように液体をガス状(蒸気)に変えるのではなく,エーロゾルをつくりだす。気道内のエーロゾルの沈着部位は粒子の大きさと気流の速さによっているが,気管支末梢まで届かせるためには径1~3μm大の粒子が最も有効であり,呼吸器疾患の吸入療法で使われるネブライザーは,この程度の大きさのエーロゾルをつくりだすようにつくられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ネブライザー【nebulizer】

水や薬液を霧状に変え、気道内の加湿や薬液投与のため用いる吸入器具。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ネブライザーの関連キーワード急性声門下喉頭炎(仮性クループ)ネブライザー療法(霧滴吸入療法)体位ドレナージ(体位排たん)慢性副鼻腔炎(蓄膿症)子どもの慢性副鼻腔炎びまん性汎細気管支炎子どもの急性喉頭炎急性上咽頭炎小児ぜんそく急性喉頭蓋炎気管支拡張症気管支喘息急性喉頭炎アレルギー慢性喉頭炎萎縮性鼻炎慢性咽頭炎慢性鼻炎急性鼻炎ICU

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android