コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸入器 キュウニュウキ

デジタル大辞泉の解説

きゅうにゅう‐き〔キフニフ‐〕【吸入器】

蒸気・霧の状態にした薬物や酸素を鼻や口から吸入させるための器具。呼吸器疾患の治療や麻酔に用いる。 冬》「上の子やみずからかくる―/汀女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうにゅうき【吸入器】

薬液を噴霧状にして口の中に送り込む器具。咳せきなどを鎮めるために使う。 [季] 冬。 《 -地獄のごとく激すなり /山口誓子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸入器
きゅうにゅうき

鼻孔または口腔(こうくう)から、吸気とともに気体や液体を吸入する器具。口腔、鼻腔、咽喉(いんこう)、気管の上部に対する局所作用、または気道および肺からの吸収作用を目的として用いられる。酸素吸入器は気体吸入の一例で、マスク、カテーテル、テント式などがある。手術時の麻酔も麻酔吸入器による場合がある。液体の吸入では、空気を利用した散霧器と、水蒸気を利用した蒸気吸入器とがあり、蒸気吸入器は家庭でも使用できる。
 蒸気吸入器は使用の際に、タンクの水を電熱器などで加熱するが、このとき、水がタンクいっぱいだと熱湯が噴きこぼれて危険なので、水はタンク3分の2ぐらいに入れるとよい。薬液容器には、2%の重曹水や食塩水などを入れる。加熱して噴き出る蒸気の温度が一定したら、患者のほうに蒸気口を向けて使用する。患者の口の下には浅い容器(膿盆(のうぼん))を置き、唾液(だえき)などはここで受ける。衣服などがぬれないように注意する。最近では乾電池使用のポケット型のものが出ており、家庭や学校、職場で簡単に使用できるようになった。[山根信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吸入器の関連キーワード老化にともなう呼吸器の病気と症状エマージェンシーグッズ訪問看護ステーションホームヘルス機器アスピレーターネブライザー在宅酸素療法抗ウイルス剤コクチェタフ小児ぜんそく電子タバコザナミビルのどミスト吸入療法富永太郎山口誓子吸入れるHOT救急車救命具

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸入器の関連情報