コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネベルソン

百科事典マイペディアの解説

ネベルソン

ロシア出身,米国の彫刻家。キエフに生まれ,1905年米国に移住。1932年から1933年にかけてメキシコでディエゴ・リベラの壁画制作の助手を務める。1936年からキュビスムの影響を受けた彫刻作品を発表する。
→関連項目アッサンブラージュ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネベルソン【Louise Nevelson】

1900‐88
ロシア出身のアメリカの彫刻家。キエフ生れ。1950年代後半から顕著になったアメリカのジャンク・アートjunk art(廃物芸術)の代表的存在。彼女は50年代になって木彫を始めたが,やがて家具など種々の木製品廃材やその断片を集め,それらを組み合わせた作品を制作するようになった。とくに木箱の中に廃材を並べ,その木箱を縦横に連ねた大きな作品が有名。60年代後半になると金属やプラスチックなどへと材料をひろげ,ジャンク・アート一本ではなくなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネベルソンの関連キーワードR. ニーベルスンルイズ ネベルソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android