コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネベルソン

百科事典マイペディアの解説

ネベルソン

ロシア出身,米国の彫刻家。キエフに生まれ,1905年米国に移住。1932年から1933年にかけてメキシコでディエゴ・リベラの壁画制作の助手を務める。1936年からキュビスムの影響を受けた彫刻作品を発表する。戦後,木製の廃品を木箱に詰め,それらを積み上げたレリーフ状のアッサンブラージュに着手。黒い彩色のシリーズから金色のシリーズへと移行した後も,絵画的な正面性は作品に祭壇のような趣を与えている。1970年代以降はアルミニウムやエポキシ樹脂といった素材に関心を向け,さらには大規模な屋外作品も制作している。
→関連項目アッサンブラージュ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネベルソン【Louise Nevelson】

1900‐88
ロシア出身のアメリカの彫刻家。キエフ生れ。1950年代後半から顕著になったアメリカのジャンク・アートjunk art(廃物芸術)の代表的存在。彼女は50年代になって木彫を始めたが,やがて家具など種々の木製品廃材やその断片を集め,それらを組み合わせた作品を制作するようになった。とくに木箱の中に廃材を並べ,その木箱を縦横に連ねた大きな作品が有名。60年代後半になると金属やプラスチックなどへと材料をひろげ,ジャンク・アート一本ではなくなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android