コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノアイユ夫人 ノアイユふじんNoailles, Anna(-Élizabeth, princesse Brancovan, comtesse Mathieu) de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノアイユ夫人
ノアイユふじん
Noailles, Anna(-Élizabeth, princesse Brancovan, comtesse Mathieu) de

[生]1876.11.15. パリ
[没]1933.4.30. パリ
フランスの女流詩人。ルーマニアの名門ブランコバン大公家に生れ,1897年ノアイユ伯爵と結婚。擬古典的形式のうちに,ロマン派以来失われていた抒情性を横溢させ,自然の風景の与える感動を新鮮な感受性をもって歌った。処女詩集『百千の心』 Le Cœur innombrable (1901) 以下,『日々の影』L'Ombre des jours (02) ,『めくるめき』 Les Éblouissements (07) ,『生者と死者』 Les Vivants et les Morts (13) ,『永遠の力』 Les Forces éternelles (21) ,『苦しみという名誉』L'Honneur de souffrir (27) のほか,小説『新しい希望』 La Nouvelle Espérance (03) ,回想録『わが人生の書』 Le Livre de ma vie (32) 。 M.バレス,プルースト,コクトーとの交遊でも有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノアイユふじん【ノアイユ夫人 Anna,princesse Brancovan,comtesse Mathieu de Noailles】

1876‐1933
フランスの女流詩人。ルーマニアの名家の娘としてパリに生まれ,ノアイユ伯爵の夫人となり,詩集《無数の心》(1901)によって20世紀初頭の新ロマン主義を代表する存在となった。ほかに《日々の影》(1902),《生者と死者》(1913),《永遠の力》(1920)などが知られ,彼女のサロンには多くの文人が集まり,第1次世界大戦前の文壇に重きをなした。その詩風はロマン主義的な情熱を気品ある伝統的な詩型に盛ったもので,ほかに小説が数編ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノアイユ夫人
のあいゆふじん
Anna, princesse Brancovan, comtesse Mathieu de Noailles
(1876―1933)

フランスの女流詩人、小説家。ルーマニアの大公家の娘としてパリに生まれ、フランスのマチュー・ド・ノアイユ伯爵に嫁す。象徴派の詩の衰退に次いで20世紀初頭におこったロマン主義的叙情の復活を代表する。アカデミー・フランセーズの賞を受けた処女詩集『数知れぬ心』Le Coeur innombrable(1901)をはじめ数冊の詩集を発表、自然との交感を官能的に表現し、さらに、移ろいやすい愛と人生に寄せる感慨、死に対する悲痛な感情を吐露している。[横張 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノアイユ夫人の関連キーワードアンナ・ド ノワイユ珊瑚集

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android