コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノイブランデンブルク ノイブランデンブルクNeubrandenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノイブランデンブルク
Neubrandenburg

ドイツ北東部,メクレンブルクフォアポンメルン州の都市。 1248年ブランデンブルク辺境伯により要塞として建設。 92年メクレンブルク領となり,1352~1471年にはメクレンブルク=シュタルガルト公領の首都であった。中世の建築物は第2次世界大戦でほとんど破壊されたが,1952年以降急速に復興。現在は食品,建築資材,紙,農業機械,化学製品,皮革などの製造・加工業が盛ん。人口8万 9284 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノイブランデンブルク
のいぶらんでんぶるく
Neubrandenburg

ドイツ北東部、メクレンブルク・フォアポンメルン州の都市。1952~90年は同名県の県都であった。トレンゼ湖の北端、トレンゼ川の流出口付近に位置する。人口7万3300(2000)。住民のほとんどはプロテスタント。グライスワルト大学農学部がある。機械、木材、ソーセージ缶詰の各工業が発達している。中世以来の城郭都市で、第二次世界大戦により中世の建築物は破壊されたが戦後復旧し、高さ7.5メートルの高い城壁で二重に防備された都市構造が残っている。[佐々木博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ノイブランデンブルクの関連キーワードシュウェーリン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノイブランデンブルクの関連情報