コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノギラン Metanarthecium luteoviride Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ノギラン【Metanarthecium luteoviride Maxim.】

日当りのよい草地に普通に生えるユリ科多年草(イラスト)。北海道から九州まで広く分布するが,国外では南サハリンから知られているのみで,日本の準固有種である。花茎は高さ15~55cmで,しばしばまばらに分枝する。7~8月に,白色でやや密な総状花序に多数の花をつける。根生する葉はショウジョウバカマによく似ていて,花がないときにはまちがえやすい。ノギランの植物体にはメタニンmethaninと呼ばれるサポニンが含まれ,薬用に利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノギラン
のぎらん
[学]Aletris luteo-vividis Maxim.

ユリ科の多年草。根茎は太く、短い。葉は根茎の先から出て、数枚あり、黄緑色、披針(ひしん)形で長さ8~20センチメートル、幅1~4センチメートル。初夏、葉の間から高さ30センチメートルほどの花茎を伸ばし、茎頂に長さ5~10センチメートルの花穂をつけ、10個ほどの花をつける。短い花柄があり、花被片(かひへん)は6枚で、長さ7ミリメートル、黄緑色。果実は長楕円(ちょうだえん)形。日本全土の山地の草原に生える。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノギランの関連キーワード急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー急性炎症性多発ニューロパチー急性炎症性脱髄性多発根神経炎末梢神経障害の原因による分類急性炎症性脱髄性多発神経炎慢性炎症性脱髄性多発神経炎ブリンズリー マクナマラギラン・バレー症候群子どもの多発性神経炎ギラン=バレー症候群ジカウイルス感染症ギランバレー症候群子宮頸がんワクチン感染性多発性神経炎ディープ・パープルノギラン(芒蘭)ブラック・サバスインドシナ戦争クイズイルキヤ上行性脊髄麻痺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android