コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノギラン Metanarthecium luteoviride Maxim.

2件 の用語解説(ノギランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノギラン【Metanarthecium luteoviride Maxim.】

日当りのよい草地に普通に生えるユリ科の多年草イラスト)。北海道から九州まで広く分布するが,国外では南サハリンから知られているのみで,日本の準固有種である。花茎は高さ15~55cmで,しばしばまばらに分枝する。7~8月に,白色でやや密な総状花序に多数の花をつける。根生する葉はショウジョウバカマによく似ていて,花がないときにはまちがえやすい。ノギランの植物体にはメタニンmethanin呼ばれるサポニンが含まれ,薬用に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノギラン
のぎらん
[学]Aletris luteo-vividis Maxim.

ユリ科の多年草。根茎は太く、短い。葉は根茎の先から出て、数枚あり、黄緑色、披針(ひしん)形で長さ8~20センチメートル、幅1~4センチメートル。初夏、葉の間から高さ30センチメートルほどの花茎を伸ばし、茎頂に長さ5~10センチメートルの花穂をつけ、10個ほどの花をつける。短い花柄があり、花被片(かひへん)は6枚で、長さ7ミリメートル、黄緑色。果実は長楕円(ちょうだえん)形。日本全土の山地の草原に生える。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノギランの関連キーワード甘菜小梅蕙草鈴柴胡雀の稗庭石菖犬磚子苗大油薄白根人参日当り

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone