コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノジギク

2件 の用語解説(ノジギクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノジギク

キク科の多年草。四国・九州,および中国地方瀬戸内海沿岸の海岸近くの山や崖などにはえる。茎の基部は倒れ,上部は斜上して多くの枝を出す。葉は羽状に裂け,下面には灰白色の密毛がある。
→関連項目キク(菊)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノジギク
のじぎく / 野路菊
[学]Chrysanthemum japonense Nakai

キク科の多年草。茎の下部は横に伸び、上部は斜上して高さ0.7~1メートル、多く枝分れする。葉は3~5中裂し、裏面は灰白色の毛を密生する。10~11月、径3~5.5センチメートルの頭花をつける。舌状花は普通白色であるが、ときには淡紅色や黄色を帯びたものもあり、野生ギク中でもっとも大きく美しい。海岸近くの山麓(さんろく)や崖(がけ)に生え、四国、九州に分布する日本の特産種である。開花径が5センチメートル以下の小ギクとよばれる栽培菊の品種には本種の遺伝的性質が取り込まれている。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のノジギクの言及

【ハマギク(浜菊)】より

…千葉県犬吠埼から静岡県御前崎まで分布する。(3)ノジギクC.japonense Nakai (イラスト)海岸近くの崖に生える多年草。茎は基部が倒れ,上部が斜上し,よく分枝する。…

※「ノジギク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノジギクの関連キーワードガザニア水蘭森薊山薊夜衾草菊薊潮菊水菊キクエヒメアヤメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノジギクの関連情報