コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノックスビル ノックスビルKnoxville

4件 の用語解説(ノックスビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノックスビル
ノックスビル
Knoxville

アメリカ合衆国,テネシー州東部テネシー川にのぞむ都市。 1785年インディアンチェロキー族との協定成立後入植が始ったが南北戦争で両軍の争奪の地となって荒廃。その後の復興は早く,1870年代には人口1万に近い町になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ノックスビル

米国,テネシー州東部,テネシー川上流部に位置する都市。TVA計画の中心地で,繊維,機械,化学,木材などの工業が行われる大理石,石炭,銅などの生産も多い。初期の州の州都,州立テネシー大学ノックスビル校(1794年創立)所在地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノックスビル【Knoxville】

アメリカ合衆国テネシー州東部の商工業都市。人口16万9000(1994)。テネシー川に面し,周辺で産出されるタバコ,肉牛,木材,大理石,石炭などの集散地であるとともに,食肉加工,タバコ製造,衣類,プラスチックアルミニウム電気器具,家具などの製造業も盛ん。1796‐1812年と1817‐18年はテネシー州の州都であった。TVA本部の所在地。1982年の万国博覧会の開催地。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノックスビル
のっくすびる
Knoxville

アメリカ合衆国、テネシー州東部の商工業都市。人口17万3890(2000)。テネシー川に面し、テネシー川流域開発公社(TVA)本社の所在地である。周辺に産するタバコ、肉牛、木材、大理石、石炭の集散地であるとともに、食肉加工、たばこ製造、衣類、プラスチック、アルミニウム、家具などの工業もある。1785年に集落が建設され、1796~1812年と1817~18年の二度にわたってテネシー州の州都であった。1982年の万国博覧会の開催地でもある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノックスビルの関連情報