コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボシビルスク[諸島] ノボシビルスク

2件 の用語解説(ノボシビルスク[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ノボシビルスク[諸島]【ノボシビルスク】

ロシア,東部シベリア北方,北極海上にある諸島。ラプテフ海東シベリア海との間にある。行政上はサハ共和国に属する。リャホフ諸島アンジュノボシビルスク)諸島,デ・ロング諸島の3群からなり,約3万8000km2
→関連項目東シベリア海ラプテフ海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノボシビルスク[諸島]【Novosibirskie ostrova】

北極海のシベリア東部沿岸にある島群で,3群からなる。西にラプテフ海を,東に東シベリア海を分け,全島ロシア連邦のサハ共和国に属する。総面積3万8000km2。南からリャホフ群島,アンジュ群島,デ・ロング群島とよび,四つの大きな島と数個の小島からなる。最も大きな島はアンジュ群島(狭義にはこれをノボシビルスク諸島という)のコテーリヌイKotel’nyi島(面積1万1700km2,最高点は全諸島の最高点で374m)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone