コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボシビルスク[諸島] ノボシビルスク

百科事典マイペディアの解説

ノボシビルスク[諸島]【ノボシビルスク】

ロシア,東部シベリア北方,北極海上にある諸島。ラプテフ海と東シベリア海との間にある。行政上はサハ共和国に属する。リャホフ諸島,アンジュ(ノボシビルスク)諸島,デ・ロング諸島の3群からなり,約3万8000km2
→関連項目東シベリア海ラプテフ海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノボシビルスク[諸島]【Novosibirskie ostrova】

北極海のシベリア東部沿岸にある島群で,3群からなる。西にラプテフ海を,東に東シベリア海を分け,全島ロシア連邦のサハ共和国に属する。総面積3万8000km2。南からリャホフ群島,アンジュ群島,デ・ロング群島とよび,四つの大きな島と数個の小島からなる。最も大きな島はアンジュ群島(狭義にはこれをノボシビルスク諸島という)のコテーリヌイKotel’nyi島(面積1万1700km2,最高点は全諸島の最高点で374m)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android