コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノボロシースク Novorossiysk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノボロシースク
Novorossiysk

ロシア南西部,北カフカスクラスノダール地方の都市。クラスノダールの西南西約 100km,黒海北東岸ツェメス湾の湾奥にある港湾都市。 1838年要塞として建設され,88年鉄道が通じてから北カフカスの穀物の積出港として発展。現在も黒海沿岸の主要港の一つで,軍港もあり,造船所が立地する。ほかにセメント,機械 (冷蔵庫,穀物エレベータ) ,水産加工,製粉などの工業がある。クラスノダールと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 24万1788(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノボロシースク
のぼろしーすく
Новороссийск Novorossiysk

ロシア連邦南部、クラスノダール地方の港湾都市。人口20万6900(2003推計)。黒海北東岸のツェメス湾(別名ノボロシースク湾)の奥に位置する。背後には標高500メートル級の丘陵を背負い、冬季には強い季節風「ボラ」が吹く現象がみられる。港は不凍港。艦船の建造・修理、セメント(近郊に大きな石灰岩採掘場がある)、機械組立てなどの工場がある。1838年にロシアの要塞(ようさい)として創設され、セメント工業と小麦輸出により繁栄した。第二次世界大戦中の1942~43年には、赤軍がこの地でドイツ軍に対して善戦した。その記念碑や廟(びょう)がハコ岬に建てられているほか、郷土博物館が置かれている。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のノボロシースクの言及

【ドニエプロペトロフスク】より

…人口118万9000(1991)。1796年までと1802年から1926年までエカチェリノスラフEkaterinoslav,1796年から1802年までノボロシースクNovorossiiskと呼ばれた。市の起源は1783年で,1884年に石炭の大産地ドネツ炭田と鉄鉱の産地クリボイ・ログおよび黒海を結ぶ鉄道が開通してから工業が急速に発展した。…

※「ノボロシースク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ノボロシースクの関連キーワードグロスマン(Leonid Petrovich Grossman)ドミトリー オフシャニコ・クリコフスキーオフシャニコ・クリコフスキージョルジュ ギュルビッチドニエプロペトロフスクジェリャーボフギュルビッチクルイムスクボラ(風)ゴルシコフ渡辺一夫黒海艦隊ソチ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android