コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノリッジ ノリッジ Norwich

4件 の用語解説(ノリッジの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノリッジ
ノリッジ
Norwich

イギリスイングランド東部,ノーフォーク県の県都。ノリッジ地区を構成する。ロンドンの北東約 160km,肥沃な農業地帯にあり,ウェンサム川とイェア川の合流点に近い。周辺一帯は先史時代から人が住んでいたが,今日の市の位置に集落ができたのはアングロ・サクソン時代になってからで,11世紀初頭には重要な商業中心地となり,1158年最初の勅許状が与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノリッジ

英国,イングランド南東部,ノーフォーク州の州都。ウェンサム川に臨む。穀物生産地帯の中心を占め,古くから市場町として発達。羊毛,絹,農業機械,靴が生産される。中世には大陸のフランドル地方から職人が移住し毛織物生産の中心として知られ,18世紀まではイングランドで最も繁栄した商業都市であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノリッジ【Norwich】

イギリス,イングランド東部,ノーフォーク州にある商工業都市で州都。地名は〈北の町〉の意。ノリッチともいう。人口12万8000(1993)。イェア川との合流点に近いウェンサム川河畔に位置し,イースト・アングリアの肥沃な農業地帯の中心として,牛や穀物の取引が活発なほか,農業機械,繊維,製靴,食品などの工業も行われる。古くから市場町として発達し,ローマ時代には郊外のカイスターに町が建設された。その後9世紀に王立都市となり,デーン人の侵入以後もその影響下で繁栄,ノルマン征服時にはイングランドの大都市に成長していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノリッジ
のりっじ
Norwich

イギリス、イングランド東部、ノーフォーク県の県都。ノーリッチとも発音する。人口12万1553(2001)。イエア川支流ウェンサム川に臨む。14世紀以来ウーステッド織が盛んであるが、産業革命(18世紀)以降はヨークシャーに押され、現在では靴製造が産業の中心。ほかに農業機械、印刷、食品などの工業がある。サクソン人の時代に町ができ、ノルマン・コンクェスト(1066)以後、大聖堂や修道院ができて発展し、1158年都市の勅許を得た。14~16世紀にフランドルの織工が数多く移住し、18世紀まで羊毛工業で栄えた。ノルマン様式をとどめる大聖堂、12世紀のノルマンの城が残り、英雄ネルソンの学んだグラマー・スクール(16世紀創立)、イースト・アングリア大学(1961創立)などがある。[久保田武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノリッジの関連キーワードサフォークノーフォークノーフォークジャケットノーフォーク島ノーリッジノーフォーク・テリアノーリッチ・テリアキングズ・リンフェンランドイングランド東部平野

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノリッジの関連情報