コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノンパラメトリック法 ノンパラメトリックほう nonparametric method

1件 の用語解説(ノンパラメトリック法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ノンパラメトリックほう【ノンパラメトリック法 nonparametric method】

特定の確率分布を想定しないで行う統計的推論。たとえば,母集団の平均μがある値μ0に等しいという帰無仮説H0:μ=μ0を検定するのに,ふつうは正規分布を仮定して棄却域を構成する。その検定は正規分布であるとの仮定が真であるときは最適なものとなる。他方,正規性が成り立たないときにはある程度の頑健性は確かめられているものの,乖離が大きいときには当然よい検定とは成り得ない。そこで母集団分布を特定しないノンパラメトリックな検定方式が考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ノンパラメトリック法の関連キーワード確率分布カノニカル分布t検定統計的ギブス集合パウリの方程式ヒンチンの定理ベイズ推論ベイズの定理(統計学)ヘリンの法則

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone